« 商業・法人登記所の集中化 | トップページ | 少額事件の難しさ »

2010年8月11日 (水)

被害回復給付金の支給始まる

 数人の依頼者のところへ、東京地検から「被害回復給付金支給(一部)通知書及び一部支給のお知らせ」なる書面が届いております。

 なぜ「一部支給」なのかというと、

 五菱会ヤミ金融事件の被害回復給付金支給手続において、一部の方から裁判(取消訴訟)が起されており、一部の裁定がまだ確定していません。そのため、被害回復給付金の支給を受けることができる旨の裁定(資格裁定)が確定したみなさんについても、最終的に受け取るべき支給金額の計算ができず、被害回復給付金の支給を待っていただいております。

 取消訴訟の判決が確定し、すべての裁定が確定するまでに相当の期間がかかることが予想され、その具体的な時期は全く分からない状況です。

 他方、それ以外の大半の方の裁定が確定したことなどによって、裁判などで争われている額などを取り分けて、先に支給することが法律上許される金額を計算できる状況になりましたので、今回の支給をすることになりました。

 とのことです。

 申請の〆日が平成21年1月26日でしたから、給付が始まるまで約1年半。みなさん、お待ちかねだったと思います。なお、支給額は「犯罪被害額の1割強となる見込み」だそうです。うちの依頼者の資料で計算すると、約14.77%でした。(桐)

関連記事

 「五菱会事件 続報」 平成22年1月6日

 「過払い金の遅延損害金」 平成21年1月9日

 「ネタ不足」  平成21年1月21日

|

« 商業・法人登記所の集中化 | トップページ | 少額事件の難しさ »

業務日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被害回復給付金の支給始まる:

« 商業・法人登記所の集中化 | トップページ | 少額事件の難しさ »