« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月31日 (木)

こんな請求いいの?

 2019年10月31日(木)、おつかれさまです。

 何と言っても、今朝の首里城全焼のニュースが衝撃的でした。沖縄戦で焼失して、30年もかけて復元したそうです。私はまだ行ったことがなかったのですが・・・とても残念です。次の復元は私が生きている間には無理かもしれませんね。

 さて、こんな相談がありました。

 相談者の親族が、借家で孤独死されました。死亡日は推定です。相談者は賃貸借契約の保証人として、原状回復の費用を請求されています。

 調べてみると、病死と自死ではずいぶん異なるようです。保証人や相続人の責任の範囲は、病死では原状回復の範囲に留まるのに対し、自死では家主の逸失利益にまで及ぶようです。

 原状回復の対象は、賃借人が故意過失により汚損させた範囲であって、全く過失がない部分にまで回復義務はありません。大家さんとしては、孤独死でしかも腐乱していたとすれば、畳もクロスもとにかく全部を新しくしたいというのが人情というもの。

 しかし、原状回復においては過失の有無が重要なので、通常の病死の場合には保証人の負担範囲をかなり狭くできるかもしれません。

 実は、今日書きたかったのはこういうことではなくて、電力会社と水道局が相談者に請求書を送ってきたことについてです。電力会社と水道局は、不動産屋から保証人の情報を得て、それぞれ未収の料金を請求してきたようです。

 これってどうなんでしょう。保証人はあくまで部屋の賃貸借契約の保証をしたのであって、電気や水道の使用契約の保証をしたわけではありません。そしてこの相談のケースは相続人でもありません。

 相続人でもないのにコンビニ払いの納付書を送ってくるというのはおかしくありませんか? 貸金業者や銀行がそんなことをしたら、金融庁からこっぴどく怒られるような気がするのですが・・・。

 迷惑をかけたから少しなら払っておこう、いっそきれいにしておこう、という心理になりやすいところですが、法律上は相談者に一切支払義務はありません。支払義務のない人に請求書・納付書を送付するというのはおかしくありませんか。

 保証人や相続人に対しては請求はできます。でも、保証人や相続人でない人、つまり支払義務のない人に請求する行為は違法と解釈できませんか。もちろん支払義務がないことを承知の上で払ってくれる方から受取ることはできますが。

 このブログで文句を言ったからといって、〇国電力や〇〇水道局の事務が変わるとは思えませんが・・・、いやあ、でも、モノ申したい! おかしいでしょ!そんなやり方は。(桐)

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年10月30日 (水)

未支給年金と相続放棄

 2019年10月30日(水)、おつかれさまです。

 先日、「未支給年金を受け取ると相続放棄できないのか」と相談されました。

 結論から言えば、未支給年金を受け取っても相続放棄はできます。

国民年金法第19条

1 年金給付の受給権者が死亡した場合において、その死亡した者に支給すべき年金給付でまだその者に支給しなかったものがあるときは、その者の配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹又はこれらの者以外の三親等内の親族であってであって、その者の死亡の当時その者と生計を同じくしていたものは、自己の名で、その未支給の年金を請求することができる。

 厚生年金保険法第37条第1項も「年金給付」を「保険給付」と置き換えているだけで全く同じ内容です。

 年金は後払いです。たとえば10月15日に支給される年金は、8月分と9月分の年金です。

 仮に10月14日に亡くなったとした場合、死亡した本人には受領する能力がないのは当然として、口座を停止しなければ翌15日に8月分と9月分が口座に入金されてしまいます。口座を停止すれば、当然入金されません。

 また年金は死亡月まで支給されるため、10月分も12月15日に支給されます。

 受給権者が生きている間に受給できるはずであったこれらの年金給付を未支給年金と言い、先にあげた「生計を同じくしていたものが自己の名で」請求することによって、請求者固有の権利として受領できるわけです。

 10月14日に亡くなり、10月15日に年金が入金された場合、三親等以内の親族で生計を同一にするものが請求しなければ、入金された年金給付は返還しなければならないこととなります。未支給年金を請求することにより返還しなくてもよくなるのです。

 話を戻します。「未支給年金を受領すると相続放棄できないのか」という相談ですが、未支給年金請求権は国民年金法第19条や厚生年金保険法第37条などに規定された資格で請求者固有の権利として請求するわけですから、最高裁平成7年11月7日判決を持ち出すまでもなく、相続とは無関係です。

 相続人として地位に基づき未支給年金を受給したのではない以上、単純承認には当たらないので、相続放棄は可能になります。

 相談者は、市の職員から、未支給年金を請求したら相続放棄できなくなると聞いていたらしいのですが、それは間違いですので、よろしくどうぞ。(桐)

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年10月29日 (火)

司法書士募集中

 2019年10月29日(火)、おつかれさまです。

 八千草薫さんが亡くなられました。謹んで哀悼の意を表します。

 私にとって八千草薫さんと言えば、オメダのお母さんです。娘が岡田奈々で・・・。わっかるかな~、わかんねーだろうなー。

 そういう世代には、ここのところちょっと業務が激しすぎです。過労気味です。疲れ果ててブログ更新もさぼってしまいました。

 司法書士法人備中サポートセンターは、新人司法書士を募集中です。あっ、別に新人でなくてもいいです。

 倉敷事務所も、井笠事務所も、司法書士不足です。ご連絡ください。

 薬ができるのを待つ老夫婦の隣で、任意後見にすべきか法定後見にすべきか悩みながらブログの更新です。(桐)

 

 

 

| | コメント (0)

2019年10月26日 (土)

今日の相談者は45組

2019年10月26日(土)、お疲れ様です。

倉敷市主催の「生きるを支えるフォーラム」に参加してきました。盛況でした。

上映されたドキュメンタリー映画「牧師といのちの崖」 に圧倒されました。

相談会の準備があって加瀬澤監督の話を聞けなかったのが残念です。

ところで、コラボ企画の「こころと法律の相談会」のほうも盛況で、今年は45組の相談者でした。

相談会が盛況ということはそれだけ悩みを持った方が多いということで、決して喜ばしいことではないのですが、少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

相談員の弁護士さん、司法書士さん、準備と片付けと案内係を引き受けてくれた保健所のみなさん、ありがとうございました。(桐)

 

 

| | コメント (0)

2019年10月25日 (金)

こころと法律の無料相談会

2019年10月25日(金)、おつかれさまです。

明日、「こころと法律の無料相談会」です。

10月26日(土)13時~17時

くらしき健康福祉プラザ(笹沖180番地)

主催)岡山弁護士会・岡山県司法書士会

 

| | コメント (0)

2019年10月24日 (木)

任意後見制度の欠陥 4

 2019年10月24日(木)、おつかれさまです。

 夜になって雨が激しくなっています。小笠原諸島を襲った台風21号は本土には上陸しないようですが、19号の被災地では大雨に注意が必要とのことです。

 さて、今年5月に高梁川日記では、一人で任意後見制度へのネガティブキャンペーンを行いました。任意後見制度の欠陥(2019年5月15日)、任意後見制度の欠陥2(2019年5月18日)、任意後見制度の欠陥3(2019年5月20日)。

 実は、ある任意後見契約の委任者について、近いうちに任意後見監督人選任申立をしようと考えています。一年間に4回も交通事故を起こされて、しかも衝突の前後を覚えていないとなると、せっかく締結した任意後見契約を発動しないわけにはいきません。

 この方と契約を締結したのは7年前です。任意後見人になってほしいと、ご夫婦で当事務所に来られました。当時、図を描きながら、複雑な任意後見制度のしくみを説明したことを覚えています。

 いつも言いますが、”任意後見監督人の選任=任意後見契約の発効” という概念が一般の方にはわかりにくいのです。多くの方は任意後見契約を締結したら、その時点で後見人だと思っています。

 しっかり説明して、そのときは理解してくださっても、時間が経てば忘れてしまいます。いたって健康で元気なのに後見人がつくことはありえないのですが、依頼者の頭の中では、すでに私が後見人になってしまっています。

 一昨日、この方に7年ぶりに説明しましたが、ご夫婦とも契約の内容は全く忘れていました。預金通帳を預けるということにも、今さらながら戸惑いがありました。

 そして、昨日、別件ですが、「被相続人の任意後見人です」という方とお話をしました。その方の理解では、「成年後見人は弁護士や司法書士がなるもの。親族がなるのが任意後見人」ということでした。

 任意後見監督人がついていましたか? 「いいえ」

 3か月に一度、誰かに預金通帳を見てもらいましたか? 「いいえ」

 公証役場で契約しましたか? 「施設に来てくれました」

 任意後見制度の説明は誰から? 「司法書士です」

 推測するに、被相続人と相談者は司法書士の助言によって施設に公証人を呼んで任意後見契約を締結し、後見監督人の選任申立てをしないままに、委任者(被相続人)が亡くなってしまったのでしょう。

 この場合、相談者は、任意後見人ではなくて任意後見受任者ですが、なんとご本人の土地を売ってそのお金を管理していたようです。任意後見人ではないから何の権限もないのに。

 要するに、言いたいことは、任意後見契約を締結した当事者がその契約の内容を理解していない場合が多いということ。だから、任意後見制度は早く改めないと、大変なことになるのではないかと。すでになっているのでしょうが。任意後見受任者による不適切な財産管理は、表に全く出ませんから心配です。(桐)

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年10月23日 (水)

消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ

 2019年10月23日(水)、おつれかさまです。

 浅口市にお住いの依頼者からの相談です。

20191023

 文章を起こします。

消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ

この度、ご通知致しましたのは、貴方の利用されていた契約会社、もしくは運営会社側から契約不履行による民事訴訟として、訴状が提出されました事をご通知致します。

管理番号(き)413裁判取り下げ最終期日を経て訴訟を開始させていただきます。

尚、このままご連絡なき場合は、原告側の主張が全面的に受理され、執行官立会いの下、給与差し押さえ及び動産、不動産の差し押さえを強制的に執行証書の交付をご承諾いただきます様お願い致します。

裁判取り下げなどのご相談に関しましては、当局にて承っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

尚、書面での通知となりますので、プライバシー保護の為、ご本人様からご連絡いただきます様、お願い申し上げます。

※取り下げ最終期日 令和1年10月17日

法務省管轄支局 民間訴訟告知センター

東京都千代田区内幸町1丁目1-7

取り下げ等のお問い合わせ窓口 03-5944-8297

受付時間 9:00~20:00(日、祝日は除く)

 日本語として意味不明ですよね。「なんだろう?」と思って電話すると、どうなってしまうんでしょうね。

 身に覚えのない真面目な方ほど、何かの間違いではないかと思って、電話をかけてしまうようです。

201910232

 料金後納郵便なんです。こういうところから詐欺集団にたどり着くことはできないのでしょうか。

 2019年3月1日の記事もご覧ください。

 「法務省管轄支局 民間訴訟告知センター」は住所も電話番号も変わったようです。

 お気をつけください。(桐)

 

| | コメント (0)

2019年10月22日 (火)

秋祭りと吊るし柿

 2019年10月22日(火)、おつかれさまです。

 今日は船穂神社の秋祭り。夜、次男坊はサッカーの練習だったので、残りの4人でばあちゃんちへ。

 妹の子や孫(赤ちゃん)も来ていて、みんなで手巻き寿司、腹いっぱいいただいて、とてもにぎやかでした。

 いつまでこうして、子や孫や曾孫が集まることができるか。

 去年は神社に上がりましたが、今年は行きませんでした。

20191022

 家の縁側に吊るし柿。毎年軒下に吊るすのに、家の中に吊るしているのは理由があるのかな。

 親も歳をとります。時間が止まってくれたら・・・そういうわけにもいきませんね。(桐)

 

 

| | コメント (0)

㈱ギルドから訴えられたら

 2019年10月22日(火)、おつかれさまです。即位の礼だとかで事務所はお休みですので、一人出勤して寂しく仕事しています(泣)。

 さて、今日の話題は「借りた覚えのない」業者からの請求についてです。なぜ「借りた覚えがない」業者に請求されるか。主に3つのパターンがあると思います。

 1つ目は、債権が譲渡され、譲り受けた債権回収会社から請求されるケース。督促状に記載された「譲渡会社」にご記憶はありませんか? 今一度ご確認ください。

 2つ目は、保証会社から請求されるケース。銀行や銀行系カード会社などから借りていた場合、「代位弁済」といって保証会社が債務者に代わって支払い、保証会社のほうから「求償金」を請求するケースです。これも督促状などに「原債権者」が記載されていますのでご確認ください。

 3つ目は、合併や商号変更を経て、全く別の名前になっているケース。たとえば、こんなケースがあります。依頼者は裁判を起こしてきたギルドという業者に全く覚えがないとおっしゃっていました。

 ハッピークレジット株式会社が平成16年4月12日にトライト株式会社に商号変更し、山陽信販株式会社と株式会社信和を吸収しました。その後株式会社ヴァラモスに商号変更し、平成24年2月27日に株式会社ギルドに商号変更しています。

 旧山陽信販は岡山県を中心とした信販会社で、トライト株式会社に合併されて以降も、岡山や倉敷などで店舗営業していたので、それなりの顧客数があったと思われます。

 依頼者は「トライト」と言えば理解できたようです。もちろん、かなり古い取引ですので5年の消滅時効にかかっている可能性が高いです。むしろ、訴訟を起こすのは消滅時効にかかっているからでしょう。

 一般に貸金業者の貸金請求権は5年で消滅時効が完成します。しかし、時効の完成後、債務者が時効を「援用」しなければ債権は時効により消滅しません。援用とは、時効を主張するという意思表示をすることです。

 債権者は、債務者が時効を援用しない限り請求することができます。すでに時効期間が完成した債務者に対して、訴訟や支払督促などを提起して判決等を取得することで時効期間を延長することができます。

 もし、支払いを停止してから5年以上も経つのに、今頃になって裁判を起こされたら、それは時効の期間を10年に延長することが目的と言ってもいいでしょう。

 こういう場合は、無視するのではなく、きちんと時効を援用することが大事です。でなければ、10万や20万の元金で100万円以上の遅延損害金を払わされることになりかねません。

 株式会社ギルドの例を引き合いにしましたが、訴えられたときこそ相談すべきです。(桐)

 

| | コメント (0)

2019年10月21日 (月)

3か月で5人を送る

 2019年10月21日(月)、おつかれさまです。

 テレビニュースで長野市穂保地区の泥だしの状況を見ていました。15か月前の倉敷市真備町と全く同じ状況です。繰り返される被害にただ切ない思いにかられます。

 話は変わりますが、8月-3人、9月-1人、10月-1人、私が担当している被後見人等でこの3か月間に亡くなられた方の数です。残念ですが、続くときは続きます。

 5人の中で最初に亡くなった方の親族の住所を調査して手紙を書いたところ、電話をくださいました。子どもの時から40年以上会っていなかったようでしたが、どのように亡くなったかを気にされていました。

 2か月かかって全相続人に相続する意思がないことが確認でき、わずかに残った現金の引渡しができない旨を上申して、昨日、家裁への終了報告書を作成したところです。

 一つの仕事が終わったと思ったその夜、またお一人亡くなりました。

 平成27年7月に癌の手術を受け、2年後の定期検査で再発が確認されましたが、それから2年間、もうダメかと思うときはたぶん3回ぐらいあったでしょうか。

 そのたびによみがえり、元気を取り戻して普通に食事ができるほどに回復されるので、うちの事務所では失礼ですが「フェニックス」とあだ名をつけていました。

 しかしながら、やはり旅立たれました。本当におつかれさまでした。慣れた施設で慣れた職員さんたちに見守られて、夜間に安らかに眠りにつかれました。

 おやすみなさい。(桐)

 

 

 

| | コメント (0)

2019年10月20日 (日)

南アに3-26 おつかれさまでした

 2019年10月20日(日)、おつかれさまです。

 南アフリカは強かったですね。3-26、ワントライも奪えず力負け。

 全くの素人ですが、にわかラグビーファンがにわかなりに敗因を考えてみると・・・、南アのディフェンスの強さを打ち破る有効策を持たなかったことではないでしょうか。

 緑ジャージのディフェンスの強さはすごいですね。赤白はボールを後ろに回しても、前に進むことができませんでした。ボールを前に運べないので、フォワードがいったん下がってからボールに行かなければいけない。

 逆に、緑ジャージはラックができていた地点より前に次のポイントができるので、そのままの勢いで集まることができる。この違いは大きくて、フォワードの集散のスピードに差が出てしまいました。

 バックスがパスをもらっても加速する前につぶされる。特に緑の9番デクラークの読みはすごいです。そこへ赤白より先に緑が集まってきて、ラックになれば押されて押されてターンオーバー。モールならドライビングされて陣地を奪われる。

 どうやったらよかったのでしょう。素人考えですが、ディフェンスラインの裏をとるキックの精度が足りなかったのでは? 何回か決まれば、緑の超攻撃的な浅めの守備ラインは作れなくなるのでしょうが、赤白がキックでウィングを走らせる場面はほとんどなかった。

 完敗ですが、しかしここまでよくやってきました。日本中を沸かしてくれました。ありがとうございました。ジェレミージャパン。

 ラグビーだけでなく、様々な国籍・出身、肌の色、多種多様な選手たちがワンチームを作る。そういう意味でもこれまでにない「日本」の一つの在り方を示してくれたような気がします。

 ほんとうにおつかれさまでした。(桐)

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

再び薪を購入

 2019年10月19日(土)、おつかれさまです。

 今週は自分でも疲れ気味だと自覚していたので、今日は仕事は一切せずに休むつもりでしたが・・・。

20191019

 矢掛町の森林組合で薪を購入。10月5日の記事「薪の情報をください。」にも書きましたが、原木をもらって自分で割った薪を、去年で全部使いきったので、今年から購入しなければいけません。

 息子のサッカーの試合が中止になり、親父にしてみればラッキーな話。息子に手伝ってもらい、軽トラで50束を2回運びました。先々週のと合わせて150束。これだけあれば今年の冬は大丈夫。

 350円の束と270円の束があって、薪の質によって値段が違います。結局、350円×100束+270円×50束=48,500円分を購入しました。石油ストーブの灯油代に比べれば、少し高いかもしれません。

 原木で買えば1トンが5,000円だそうです。1トンでだいたい150束で一冬分だと思います。来年は、原木で買って自分で薪割をしようかなって思っています。体力が問題ですけど。

 こういう肉体労働でけっこう疲れて昼寝をしていたら携帯電話が鳴って、被後見人が入院したので病院へ。入院手続きをして、医師の説明を聞いて、うーん、完全にオフになる休日はありませんね。

 明日も仕事の予定です。(桐)

 

| | コメント (0)

2019年10月18日 (金)

11月17日(日)利息制限法金利引下実現全国会議

  2019年10月18日(金)、おつれかさまです。

 11月17日(日)午後1時から「第40回利息制限法金利引下実現全国会議岡山シンポジウム」が岡山県司法書士会館にて開催されます。

 一般は参加費無料、弁護士・司法書士は1000円ですが、一見一聞の価値ありです。

 ぜひご参加ください。ちなみに岡山県司法書士会も後援しています。

 個人的には単位認定してもいいかなと思っています。(桐)

 

 

 

| | コメント (0)

2019年10月17日 (木)

11月1日から後見等開始申立書の書式変更

 2019年10月17日(木)、おつかれさまです。

 現在判明している死者は77人、台風19号のニュースで長野市や丸森町の映像が流れるたびに、去年の真備町を思い出します。

 さて、今日は、依頼者の退院支援、15時から岡山県司法書士会理事会でした。

 11月1日から岡山家裁の後見等申立書の書式が大きく変わります。

 まだ、一般には公開されていませんが、できるだけ早く新書式を裁判所のWEBページ等にアップしてほしいと思います。(桐)

 

 

| | コメント (0)

2019年10月16日 (水)

リカバリー中

 2019年10月16日(水)、おつかれさまです。

 司法書士事務所を開業して18年、当事務所で今まで一度もなかった種類のミスが生じてしまいました。

 司法書士としてキホンのキの確認を怠ったため生じたミスです。

 最近の当事務所の仕事は、非常に複雑な事案の処理が多く、資格者と事務員が分掌して事件処理をしなければならなくなっています。

 1つの依頼において、資格者が担当する部分と事務員が担当する部分の隙間が生じてしまい、その隙間を誰もチェックしていませんでした。

 今後は二重、三重にチェックをすることにしました。

 当該案件は現在リカバリー中です。

 ご迷惑をおかけした関係各位に深くお詫び申し上げます。(桐)

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年10月15日 (火)

新米です

 2019年10月15日(火)、おつかれさまです。

 涼しくなりましたね。今日も忙しかったです。

 朝5時30分から事務所に出て後見事件の書類を作って、午前中は総社の施設回り。お昼から相続手続で吉備中央町(旧賀陽町)の金融機関を回りました。

 賀陽町で稲刈りはとっくに終わっていて、山間の黄金の波を見ることはできませんでしたが、でも農村の原風景はいいですね。写真を撮る余裕が全くなかったのが残念。

 16時に事務所に戻って訴訟と相続の2件の打合せ、18時に依頼者を訪問して農地売買の打合せ。20時30分まで書類を整理した後、実家へ行って新米の運搬。

20191015

 もう齢ですね。昔は軽々担いでいた30キロのコメ袋が重くて重くて。

 今年は収量が少なかったみたいですが、味が楽しみです。(桐)

 

 

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

犬のワン禁止

 2019年10月14日(月)、体育の日、おつかれさまです。

 体育の日は、昔は10月10日だったはずなんですが・・・・。

 20191014

 「犬のワン禁止」

 うちの近所なんですが、今朝駅に行く途中にパチリ。

 本当に「犬のワン禁止」と読んでしまって、しばらく立ち止まって「なんで?」と考えてしまった自分が怖い。

 そうそう、昨日高梁川日記に書いた、キーを失くして配偶者の車をパチンコ屋に置いて帰った認知症の方。

 今朝、私がパチンコ屋に車を引き取りに行くと、なんとガス欠でした。

 どうやら、ガス欠という事態が、高齢者には理解できなかったようです。

 車のエンジンがかからない → キーがなくなった、という無理やりの変換が頭の中で起こったのでしょう。いつもどこどこの鍵がないとバッグの中を探している方ですから。

 ガス欠なので、私はいったん我が家に帰って、ガソリン携行缶を持参して現場に出向き、給油して車両を引き揚げました。

 ガソリンスタンドで聞いたのですが、あの京アニの事件以来、ガソリンを携行缶で購入するには、住所と氏名をリストに書かなければいけなくなったそうです。使用目的も聞かれました。

 今日はあまり意味のない雑談でした。

 さて、明日から仕事です。ん?この三連休も仕事と言えば仕事だったよな・・・(桐)

 

 

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

認知症と運転とチーズタッカルビ

 2019年10月13日(日)、2本目の記事です。今日もいろんなことがありました。

 まずは、台風19号の被害について。現在わかっているだけで33人が死亡し、19人が行方不明、今も必死の救助が続いているようです。

 「予測されて色々言われていたことから比べると、まずまずで収まったという感じだ」(自民党二階幹事長)。被災者や被災者親族は、この言葉をどう受け止めればいいのでしょうか。

 次に、ラグビーワールドカップ。日本がスコットランドを28-21で破り、4連勝でトーナメント進出を決めました。いやあ、まさに死闘、素晴らしい試合でした。南アフリカ戦も期待しています。

 さて、私は、午前中に遺産分割協議書を作成して、午後からは被後見人のご自宅へ。隣人が通路部分に置いた大量の植木鉢についてトラブル解決に駆り出されているのですが、なかなかうまくいきません。

 さらに、別件で警察から電話があり、取り急ぎある高齢者のお宅へ。私の被後見人の配偶者が、免停中にもかかわらず、車を運転しているので取り上げてもらいたい、という警察からの要請です。

 こっちが警察にお願いしたいくらいですが、現行犯ならともかく情報だけでは公権力で車を取り上げることはできないらしい。まあ、しょうがないか。

 ご本人は、10月7日の記事「事故したことさえ覚えていない」の方です。ご本人がいつもいる場所に着いたが、不在。しばらく待って、諦めて帰りかけると、歩いてくるご本人にバッタリ遭遇。

 「車の鍵がなくなったんじゃ」。車はパチンコ屋の駐車場にあるとのこと。ご親切にパチンコ屋の店員さんが同行してくれていました。先日の事故で自分の車を廃車にしたので、配偶者の車を乗り回しているようです。

 「車の鍵がなくなったんじゃ」と言いながら、トヨタのマークの入ったキーをドアの鍵穴にねじ込もうとしています。こんな状態の人を一人にさせるわけにいかないので、私の車で夫の入所施設に連れて行き、今晩だけ泊めてあげてほしいと話を通したのですが。

 本人が宿泊を拒否。「これまで泊って行けなんて言われたことがないのに、急に言い始めたのは何か魂胆がある」。職員の制止を振り切って、外へ出て行きました。

 片道2キロぐらいでしょうか。ずっとご本人の横に付いて、途中の喫茶店に寄って水分補給させ・・・。送り届けて同じ道を車を置いた施設まで戻ると4キロぐらい。いい運動になりました。そう思うしかないですよね。

 その間にも、中学生の息子から電話がかかってきて、「晩御飯は焼肉です。ビールとアイスを買って帰ってください」とのこと。いやあ、それどころじゃないんですけど。

20191013

 私の方は、無事、焼肉の開始時間に間に合いました。高級なお肉は少量だったので、さらにチーズタッカルビを食べながら、ラグビー観戦で盛り上がりました。

 日曜日なのに・・・・忙しかったなあ。(桐)

 

| | コメント (0)

来年も使います。高橋の手帳

 2019年10月13日(日)、おつかれさまです。

 私のスケジュール管理方法はアナログです。

 高橋の手帳を使い始めて今年で14年目。積み上げてみるとこんな感じ。

20191012_20191013221501

 この一冊一冊が、事務所と家族の生活を支えてきた仕事の記録でもあります。

 昨日、2020年版を購入しました。来年も同じサイズの手帳を使います。

 高橋の手帳は、間違いなく私の必須アイテムと言えます。(桐)

 

 

 

| | コメント (0)

2019年10月12日 (土)

相続放棄と部屋の片付け

 2019年10月12日(土)、おつかれさまです。本日2本目の記事です。

 関東地方は台風19号の襲撃を受けています。以前東京・神奈川に住んでいたので多少地理がわかりますが、あの多摩川が氾濫するなんて聞いたことがありません。被害が最小限に留まるよう祈っています。

20191012_20191012234301

 倉敷も昼間は強風が吹いていましたが、今は落ち着いています。空の色がとても不思議で、まるで赤いサングラスをかけて見るような空気の色です。

 さて、今日の私の仕事は、法律相談2件、時効援用通知の作成、貸金請求の答弁書作成、救急搬送された依頼者が放置していた自動車の引き揚げ、亡くなった被後見人が病院に置いていた荷物の引取りでした。

 法律相談で考えさせられたことが1つ。相談者を仮にOさんとします。

 賃貸住宅に1人住まいのOさんの親が亡くなり、信販会社に高額な借金があることが発覚しました。預貯金の金額は数百円。家主からは部屋の片付けを求められています。

 まず弁護士に相談し、次に家庭裁判所で相続放棄の用紙をもらって説明を聴き、そして当事務所に来られたときのOさんの依頼内容は、「相続放棄をすると片付けができない。片付けないわけにいかないので、長期分割で返済できるように信販会社と交渉してほしい」。

 うーん、どうなんでしょうね。一般的に、法律相談においては、相談者の具体的状況に応じての個別的助言ではなく、原則論・一般論のみを説明すると、このように伝わってしまいます。

 相続放棄をすると片付けができない、片付けをしたら相続放棄ができない、本当でしょうか。

 相続の単純承認とみなされるのは、価値のある遺品を処分した場合です。ゴミを出したり、掃除をしたら相続放棄ができなくなるわけではありません。

 相談者はとてもまじめな方ですが、まじめな方ほど原則論を説明されたときに、それを絶対だと思い込んでしまう傾向があります。

 一般論としての無料相談や説明を鵜呑みにすることなく、具体的な事情を説明して専門家の助言を受けることをお勧めします。

 片付けをしたから相続放棄ができなかった事例がいったいどれほどあるのか、疑問です。(桐)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

知りながら債権者名簿に・・・

 2019年10月12日(土)、おつかれさまです。

 依頼者からお菓子をいただきました。

20191012

 ありがとうございます。

 さて、お電話で相談があって資料を郵送してもらい、忙しいとはいえ、事件に着手するまでに1か月かかりました。お詫び申し上げます。

 破産手続をして免責も得た方が、債権者一覧表(債権者名簿)から一部の債権者を落としていたということが時々あります。

 消費者金融全盛の時代には、筋のあまり良くない街金融が、よくお客に自己破産を勧めていたものです。

 自分の債権だけは司法書士・弁護士に言うなと圧力をかけておいて、他の金融機関や貸金業者の債権を破産手続で飛ばしてしまいます。

 そうすると、返済先は自分のところだけになるので、確実に回収できるというわけです。

破産法第253条  免責許可の決定が確定したときは、破産者は、破産手続による配当を除き、破産債権について、その責任を免れる。ただし、次に掲げる請求権については、この限りでない。

六 破産者が知りながら債権者名簿に記載しなかった請求権(当該破産者について破産手続開始の決定があったことを知っていた者の有する請求権を除く。)

 前述の例だと、破産手続をするように仕向けた街金融の債権は、「破産者が知りながら債権者名簿に記載しなかった請求権」ですが、同時にその街金融は括弧書の「破産手続開始決があったことを知っていた者」ですから、免責決定の効果は及ぶものと思われます。

 最近はこのような事案は見かけませんが、債務者が故意に、あるいは故意ではなくても過失によって、一定の債権者を司法書士・弁護士に申告しないケースはよくあると思います。

 たとえば、身内や友人からの借金です。あるいは家賃や電話代の滞納とかもよくあります。

 破産手続で支払の責任を免責できるのは、サラ金や銀行の貸金だけだと思っている人が意外と多いのです。債権者平等の原則というものがあって、業者であれ友人であれ、貸金であれ滞納であれ、すべての負債を手続の対象としなければなりません。

 債権者名簿から漏れた債権を「失念債権」とよく言います。

 そこで「破産者が知りながら債権者名簿に記載しなかった請求権」と言えるかどうかが問題になります。

 破産者が知っていたことの立証責任は債権者側にあります。よって、かなり長期にわたって請求しなかったために、債務者がその負債の存在を忘れていた、あるいは完済したものと誤信していたような場合は、「知りながら」とは言えず、免責されるのではないかと考えます。(桐)

 

 

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

第三者のためにする契約

 2019年10月11日(金)、おつかれさまです。倉敷の最高気温は29.6℃、今日も暑かったですね。

 台風15号の傷が全く癒えていない中、史上最強と言われる19号の関東上陸が予想されています。被害が最小限で済むよう祈ります。

 さて、昨日、依頼者からお米をいただきました。

 コメ袋といえば30キロと思っていましたが、これは2キロ。袋はホームセンターに売っているそうです。

20191011

 ご自分で収穫したお米を、こうした袋に入れてギフトにする。手作り感があっていいですね。ありがとうございました。

 ところで、「中間省略登記」という言葉があります。

 所有権がA→B→Cと移転しているときに、登記名義をA→Cに直接移転するものです。

 ネット記事で、平成16年の不動産登記法改正によって「中間省略登記」ができなくなったと書かれたものをよく見かけますが、これは間違いです。

 今も昔も「中間省略登記」が可能なのは、数次相続においてBが単独相続の場合のみです。AからBに、BからCに売買された場合に、A→Cへの所有権移転登記は、今も昔もできません。

民法第537条

① 契約により当事者の一方が第三者に対してある給付をすることを約したときは、その第三者は、債務者に対して直接その給付を請求する権利を有する。

② 前項の場合において、第三者の権利は、その第三者が債務者に対して同項の契約の利益を享受する意思を表示した時に発生する。

 民法の「第三者のためにする契約」の規定に基づき、AB間でAからCに直接所有権が移転する契約を締結し、Cから受益の意思表示があれば、A→Cへの所有権移転登記が可能になります。

 このような登記をお望みの場合に、登記のときに依頼されてもどうにもなりません。それ以前の契約時の契約内容が第三者のためにする契約でなければならないのですから。

 事業者の方は、契約時にご相談ください。(桐)

 

 

 

| | コメント (0)

2019年10月10日 (木)

住宅金融支援機構の債権は10年で時効消滅

 2019年10月10日(木)、おつかれさまです。

 依頼者からシャインマスカットをいただきました。

 20191010

 決して裕福ではないのに・・・・、ありがとうございました。

 今日は亡くなった息子さんの誕生日だったそうです、とても美味しかったです。

 さて、今日はパターンの異なる時効援用通知を3通作ったので、債権の消滅時効について復習します。

民法第167条

① 債権は、十年間行使しないときは、消滅する。

② 債権又は所有権以外の財産権は、二十年間行使しないときは、消滅する。

商法第522条

 商行為によって生じた債権は、この法律に別段の定めがある場合を除いて、五年間行使しないときは、時効によって消滅する。ただし、他の法令に五年間より短い時効期間の定めがあるときは、その定めるところによる。

 通常、貸金業者や銀行の貸金債権は、商行為によって生じた債権ですので、消滅時効期間は5年です。

 これに対し、信用金庫、信用組合、住宅金融支援機構、労働金庫、農業協同組合などの債権は、個人的には疑問ですが、商行為とは言えず、民法第167条第1項により10年とされています。

 住宅ローンが住宅金融支援機構であれば弁済を停止して10年、銀行であれば5年経過すれば、時効の中断事由がない限り、時効消滅します。

 抵当権者が競売や任意売却で抵当権抹消に応じて、その後の残債務を債権者が放置した結果、時効が完成することをあるようです。

 なお、2020年4月1日から改正民法が施行され、債権の消滅時効期間は民事債権であれ商事債権であれ、権利を行使できることを知った時から5年、権利を行使できる時から10年に統一されます。

 ただし、2020年4月1日以降に発生した債権に適用されるので、当分の間は改正法での時効援用はなさそうです。(桐)

 

| | コメント (0)

2019年10月 9日 (水)

在職老齢年金制度は悪いのか

 2019年10月9日(水)、おつかれさまです。

 神戸市教員暴行事件、関電原発マネー還流事件、目黒5歳児虐待死の裁判、消費増税と景気の減速、そしてラグビーワールドカップと、話題にしたい時事ネタはいっぱいあるのですが、今日はこれ。

20191009_20191009235501

 一定以上の収入のある人の年金を減らす「在職老齢年金制度」が見直されるようです。

 現在は65歳以上の人で賃金と年金を合わせた月収が47万円を上回ると年金が減額されていますが、62万円に引き上げると報道されています。

 対象者は約18万人で、年金支給額は2200億円増えると見込まれています。

 「在職老齢年金制度」は高齢者の就労意欲を削ぐと言われ、今回の改革は高齢者の働き手を増やす狙いだと言われています。

 うーーーん、本当でしょうか。

 65歳以上となれば、一般的には、これから家を買うわけでもなし、子育ても終わっているだろうし、それで月収47万円ある人って、けっこうゆとりのある人だと思うのです。

 そういう方々が、単純計算で2200億円÷18万人=122万円、つまり年間約122万円も収入が増えることになります。

(1)ゆとりのある人が「働けばさらにゆとりができるよ」と言われて、どれだけ就労につながる?

(2)老後世代の資金を増やしても消費の増大にはつながらないのでは?

(3)財源は年金の掛け金ですから、若い世代、働き盛り世代の掛け金が増えることにつながるのでは?

 成年後見業務を通じて多くの方々の年金を管理してきて思うのは、公務員、昔の3公社5現業、学校の先生、大企業で定年退職まで勤め上げた方、とにかく年金受給額が多いです。財産はどんどん溜まる一方です、使い道はないのに。

 そういう方々を施設で献身的にお世話している若い介護士さんの賃金よりはるかに多いと思います。

 昨日、知的障害の被保佐人が、障害年金支給停止の通知を受け取りました。

 前年に親から相続した不動産を売却したためですが、譲渡所得税を支払い、負債を支払い、現在私が管理している預金は前述の122万円に足りません。

 年金が停止されると作業所の工賃だけではやっていけず、おそらく1年前後で生活保護を受けることになるだろうと予想しています。

 正直、矛盾していると感じます。

 国が取るべき政策は、苦しいところにお金を回していくことではないでしょうか。

 ブログに書いたところで、どうなることでもないとはわかっていますが、ただ高齢者の就労意欲を高めるために導入するのであれば、せめて導入後どれだけ就労者が増えたのかを検証すべきでしょう。

 マスコミはもっとこういうことを報道してほしい。(桐)

 

| | コメント (0)

2019年10月 8日 (火)

貧しい人の骨を拾う

 2019年10月8日(火)、おつかれさまです。 

20191009

 秋ですね。玉島道口の山の上でコスモスを撮影。

 この後、路地から抜け出せなくなり、車を擦ってしまいました(泣‐泣‐泣)

 さて、今日の業務日誌です。午前中は岡山市内の病院で介護認定調査の立会。

 この方は医療保護入院から2年9か月。退院後介護施設に移るためには介護度が重要です。

 病院では妄想の中で大好きなパチンコを打っていて、調査員の方も言っていましたが、ある意味わからないことが幸せなのかもしれません。

 午後は倉敷に戻って、認知症高齢者の親族探し→施設訪問→新規債務整理事件の受任。

 ちょっと前、うちの新しい事務員さんが市役所で職員から言われたらしいんです。

 「桐さんて相変わらず貧しい人の骨を拾ってるんですか?」って。

 新人さんは、骨を拾うってどんな事務所じゃ、って思ったようですが、この話がベテランの事務員さんに大うけで。

 でも、昨日今日とつくづく思います。司法書士は大したことないです。

 福祉の現場で働く人たちはもっと骨を拾っています。

 特に、小規模多機能ホームの現場はすごいです。

 明日もがんばりましょう。福祉でも医療でも、現場で頑張っている方々に感謝しながら。

 昨日、依頼者が交通事故で救急搬送されましたが、今日も別の依頼者が心筋梗塞で救急搬送されました。明日打合せはキャンセルです。

 早くとは言いません。しっかり確実に回復されますように、お大事に。(桐)

 

| | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

事故したことさえ覚えていない

 2019年10月7日(月)、おつかれさまです。

 神戸市立東須磨小学校の教員による教員イジメ、激辛カレーを食べさせる動画が公開されています。

 犯罪です。暴行、強要、器物損壊は間違いないと思います。処分云々ではなく、刑事事件として捜査すべきです。

 「人間関係のトラブルがあったが解決した」と報告していた学校も異常です。事実を明らかにして責任者の処分を検討すべきです。

20191007

 あちこちで稲刈りが始まっています。彼岸花ももう時期は終わりですね。

 今日もとっても忙しかったのですが、極め付けは17時10分に鳴った電話、警察を始め次々に関係者から電話がありました。

 急いで救急病院に駆けつけました。

 本人は交通事故を起こしたことさえ、覚えていない。頭を数針縫っているのに、それより携帯電話を失くしたことが気になる。

 入院にも同意しない。とにかく帰ると言って言うことをきかない。

 精神科ではないので措置入院というわけにもいかず、本人に入院意思がないのなら帰るしかない。

 脳内に出血があるので容態が悪くなる可能性もあると説明しても・・・・。

 認知症は怖いものです。(桐)

| | コメント (0)

2019年10月 6日 (日)

黄色い曼殊沙華

 2019年10月6日(日)、おつかれさまです。

20191006

201910062

 この辺ではあまり見ない黄色い曼殊沙華。実家からいただきました。

 スマホの写真では粗くてわかりませんが、エナメルのような質感がとてもきれいです。

 さて、この土日は、家の片付けと薪運びと塗装作業。

 2日間珍しく息子のサッカーの練習試合がなかったので、2人で薪棚、倉庫、物干し台、ウッドデッキの塗装を完了しました。

 自分が中学生の頃は反抗期真っ最中でしたが、文句も言わず黙々と作業してくれて、ありがたいもんです。

 残るは自転車置き場だけですが、塗料と体力が底をついたので、今週はここまで。

 ところで、この2日間、全く仕事をしなかったので、月曜日が恐怖です。

 溜まった仕事をなんとかしないと。がんばりましょう。(桐)

 

 

 

| | コメント (0)

2019年10月 5日 (土)

薪の情報をください。

 2019年10月5日(土)、おつかれさまです。

 今日は仕事を休んで肉体労働、9時30分から中学生の息子と2人で薪棚の塗装をしました。

 そして昼から森林組合に行って、薪を50束購入。

20191005

 安倍真希、阿部麻紀、違う違う、「あべまき」。漢字では「阿部槙」と書くらしいです。

 クヌギに似たどんぐりができる広葉樹です。樹皮がコルクになります。

 薪にすると、1束(約7kg)が350円。50束で17,500円(税込)。

 棚に並べて量を確認したんですが、50束ではとても足りません。

 我が家のストーブでは、おそらくひと冬に100束から150束ぐらい必要だと思います。

 ということは、ひと冬に4~5万円の薪代がかかるということです。

 実は、2009年から薪ストーブを始めて昨年までずっと薪は無料でした。

 高梁川の伐木(主に柳)や杭打ち用建築資材の余剰(杉や桧)を貰い受けて、チェンソーと斧で薪にしてきました。

 そのストックも昨年なくなり、高梁川の伐木も一般に配布されなくなったので購入するしかなくなりました。

 もっと安い薪や、ただでもらえる伐木があれば、情報提供ください。

 よろしくお願いします。(桐)

 

| | コメント (0)

2019年10月 4日 (金)

遺留分侵害額請求の相手方

 2019年10月4日(金)、おつかれさまです。

 今日は夜になってかなり涼しくなりましたが、朝から猛暑でしたね。倉敷市内の最高気温は29.6℃、まだまだ夏が続きます。

 さて、今日は「遺留分侵害額請求」の相手方について考えます。

 公証役場で高齢者の遺言に立ち会いました。

 数人の法定相続人のうち、一人を除く他の相続人に同じ割合で相続させるという内容です。

 遺言者がテーブルの上に置いてあった公証役場の六法をめくり始めました。

 私が何を調べているのか聞いてみると、

遺言者 「遺言でも排除できない、なんとかっていうのがあったやろ」

桐   「遺留分ですか」

遺言者 「そう、それそれ、遺留分を失くする方法はないかね」

桐   「それは無理です」

 公証人が感心していました。「六法を開いて条文を調べられた遺言者は初めてです」と。

 本件では、遺言執行者が指定されています。

 遺留分権を主張する者は、誰に対して「遺留分侵害額請求」をすればいいのでしょう。

民法1046条1項 遺留分権利者及びその承継人は、受遺者(特定財産承継遺言により財産を承継し又は相続分の指定を受けた相続人を含む。以下この章において同じ。)又は受贈者に対し、遺留分侵害額に相当する金銭の支払を請求することができる。

 条文から、受遺者または受贈者に請求すればいいことに間違いありません。

 特定遺贈の場合には受遺者を「遺留分減殺請求」の相手方とすればいいのですが、包括遺贈の場合には遺言執行者を相手方とすることもできるという判例もあります(大判昭和13年2月26日)。

 ただし、後者の場合には遺言執行が未履行の場合に限られます(最判昭和51年7月19日)。

 実務的には、共同相続人、受遺者、受贈者に対して内容証明郵便等で意思表示し、遺言執行者が就任している場合には、遺言執行者に対しても念のため同様の通知を出しておくべきだろうと思います。

 数年前に「遺留分減殺請求」する側から相談されて、共同相続人に通知を出し、遺言執行者に別途連絡した記憶があります。

 もし、逆に「減殺請求」を遺言執行者にして、共同相続人や受遺者に対してしていないと、遺言執行者への請求が無効とされ請求権が消滅時効にかかってしまう可能性があります。

 「遺留分減殺請求権」(現在では遺留分侵害額請求権)は時効期間は、相続が開始したことを知って1年ですから、気をつけなければなりません。

 以上は、遺言執行者としても知っておかなければいけないことだろうと思います。(桐)

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年10月 3日 (木)

ゆったりと仕事をしたい

 2019年10月3日、おつかれさまです。2本目の記事です。

 昨日の「秋のコインパーキング事件」に懲りて、ゆとりを持って仕事をしようと決意したしだいです。

 というわけで、今朝は約42km走行して印鑑証明書1通を請求。なるほど、マラソン選手はこれぐらい走るのかあ。

 帰りは、銀行や施設を回りながら帰ったので、走行距離は50km超。

20191003_20191003230001

 真備町ではそろそろ稲刈りが始まっています。

 上の写真は、2019年6月9日の「ボランティアのみなさんに感謝」という記事の3枚目の写真と同じ位置から撮りました。

 あれだけの洪水被害にあっても、人間が田んぼを手入れさえすれば、豊穣の秋を迎えることができます。

 20191003_20191003231001

 田んぼの畦道や高梁川の土手は、この季節、赤い曼殊沙華で覆われます。

 午後は、年金事務所へ未支給年金の請求と、生活保護の調査立会、新規後見申立のためご本人と病院で顔合わせ。

 未支給年金について文句を言いたいことはいろいろありますが、それは時間があるときにしましょう。

 先日、被保佐人について生活保護を申請したので、初めて在宅調査に立ち会いました。

 今後ともよろしくお願いします。

 司法書士とは思えないよう業務内容ばかり紹介していますが、今日は抵当権抹消の本人確認、来週の振込決済の段取り等々、登記業務もそれなりにやっていますよ。(桐)

 

| | コメント (0)

菓子折りの下に

 2019年10月3日(木)、おつかれさまです。

20191003

 倉敷名物藤戸まんぢゅう、美味しいですよね。

 ある施設の方がちょっとしたミスをして、「お詫びにどうしても」と、下さったものです。

 饅頭の下に金貨は入っていませんでした。

20191003_20191003222801

 ポンムベールの焼菓子。

 ある親子の依頼者が気を使ってくださったものです。

 高級スーツの仕立券は入っていませんでした。

 (1)A会社はB会社に高額発注する。

 (2)B会社は役員Yに高額報酬もしくは手数料を渡す。

 (3)役員YはA会社の役員Xに現金入菓子折りを渡す。

 (4)A会社のB会社への発注量は何倍にも増えていく。

 結局、A会社が外注に出した金が、回りまわって役員X個人に戻ってくる。

 単純にそういう構図だと思うのですが、違いますかね。

 保管しておくっていうのは通用しませんよね。

 キーマンが死ぬまで公表を待っていたとしか思えないし。(桐)

 

 

| | コメント (0)

2019年10月 2日 (水)

秋のコインパーキング事件

 2019年10月2日(水)、おつかれさまです。

20191002

 秋みたいですね。朝、散歩の途中で撮った近所の柿です。しかし、それにしても暑い!まだ夏なのか。

 さて、業務日誌ですが、29日(日)に被後見人が逝去され、30日(月)通夜、1日(火)葬儀と、段取りが大変でした。

 そうした突発業務に加えて、今週は、月・火・水と3日間、被保佐人等の通院同行や転院の予定が入っていました。

 3日間で5つの病院を回って、ドタバタしています。

 そんなことばっかりしているから、登記の書類になかなか目を通せない。相続登記が溜まっている。

 睡眠不足と焦りと・・・・よくないですね。イライラしてきます。

 くらしき総合相談センターの相談当番でしたが、コインパーキングに駐車していつもは300円。

 ところが、今日は駐車券をどこにやったかわからない。車の中もカバンの中も探したけれど見つからない。

 警備会社に電話すると、カード紛失のボタンを押してくださいと言われ、押したらなんと「3,000円」。

 2時間しか止めてないのに3,000円かよ~(号泣)

 しかも、機械の故障か、1,000円札が入って行かない。

 私の前の方が出庫しようとしてできず、バックして私に順番を譲ったのはこういうことだったんですね。

 幸運にも財布の中のコインを2,800円かき集め投入、あと200円。

 さっき譲ってくれた方が500円玉を一枚貸してくれて・・・ありがたや~(涙)

 車の中を探したら200円を見つけられてお返しできました。

 何を書きたかったかというと、元は駐車券を失くしたことが悪い。

 なんでそんなことになったかというと、時間に追われてイライラしていたから。

 明日も忙しいけれど、心には余裕がほしい。そうしないと次々に事件が起きそうです。(桐)

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年10月 1日 (火)

決断が遅かった!

 2019年10月1日、おつかれさまです。今日2本目です。

 9月29日(日)の深夜、被後見人が亡くなりました。70歳、まだお若いです。

 7月にお会いしたときは病室でギターを弾いていました。

 チューニングがあってないと不満げだったので、替えの弦と音叉かチューニングメーターを差入れするつもりでした。

 8月に誤嚥性肺炎で全く食事が摂れなくなりました。5月から肺炎を繰り返しているとは聞いていました。

 私から医師に胃ろう造設を願い出て、手術のできる病院に転院して38日目。8月17日の記事「今日の後見業務」の最後に書いた方です。

 手術ができる状態まで体力が回復することなく、逝かれてしまいました。

 私がもっと早く、6月か7月に決断していれば、今頃胃ろうをしながらギターを弾いていたかもしれません。

 とても悔やまれます。在宅の頃から、私は彼の人柄が好きでしたから。

 葬儀には、長らく会うことのなかった兄、姉、甥、姪が来てくださいました。

 お兄さんが、「何もしてやれんかったから死んだあとぐらい自分の墓に入れてやる」と。

 生前は兄姉にたいへん迷惑をかけたと聞いていたので、安堵しました。

 令和1年8月15日の記事「台風の中での収骨」とよく似ています。

 生前はいろいろあったとしても、死んだ後では文句の言いようがありません。

 遺影は用意できなかったけれど、とてもいいお葬式でした。

 悔やむべきは、(1)胃ろうの決断を早くすべきだった、(2)意識のあるうちに兄姉に来てもらうべきだった、この2点です。

 若いころから向精神薬を続けてきた方は、しだいに体がボロボロになっていき、どこかで一気にダウンしてしまう。

 以前にもこうした経験をしました。

 薬物性肝障害。なんとかなりませんか。(桐)

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

白い彼岸花

 2019年10月1日(火)、おつかれさまでした。

 事務員さんが事務所のテーブルに飾ってくれました。きれですね、白い彼岸花。

20191001

 高梁川の土手には真っ赤な彼岸花がいっぱい咲き誇っていますが、白は珍しいですよね。

 彼岸花も咲き、柿の実も黄色くなり、夜は虫の音の大合唱だというのに、今日の倉敷の最高気温は31.3℃。

 10月になったというのに・・・、やっぱり地球がおかしくなってますよね。

 消費税率が10%になった今日は、食料品しか購入していないので、本当に10%になったのか確認できていません。

 明日、犬のおやつでも買って確認してみましょう(笑)

 大して意味もないブログで失礼しました。

 そうそう、司法書士法人備中サポートセンターは資格者を募集しています。

 よろしくお願いします。(桐)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は被後見人のお葬式でした。

 8月に3回、9月に1回の葬儀ですが。

 

 

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »