« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月31日 (火)

2019年ありがとうございました。

 2019年12月31日(火)、おつかれさまです。

 大晦日は完全オフの予定でしたが、被補助人が、今日から三箇日の4日間、ヘルパー派遣がないためショートステイに行くことになり、契約のため施設まで。介護施設関係者には大晦日も正月も関係ないですね。ご苦労様です。

 大晦日の今日は、ばあちゃんちで餅つきです。じいちゃんはデイサービスです。

20191231

 あんもちは作る先から子どもたちが食べます。うううう、つきたてはうまいんです。

20191231_20191231234602  

 こちらは、ばあちゃんちの猫。名前は”ちゃあ”です。男前でしょ。

20191231_20191231234801

 ところで、正月の一番のごちそうはこれです。今日の夕飯でいただきました。

20191231_20191231234701

 脂がのったぶりの刺身。東日本では鮭なんでしょうが、中国地方では新巻鮭を食べる習慣がありません。正月の魚は絶対にぶりです。

 お客さんがお歳暮に送ってくれた茨城県産のれんこんは、こうして筑前煮になりました。これもうまいんです。 

20191231_20191231234702

 それから、栗の甘露煮が入った炊き込みご飯。

20191231_20191231234803

 最後は、年越しそば。大黒天物産で1玉10円のそばですが、作る人が上手だとうまいですね。海老天とカニカマ天入りです。

20191231_20200101001401

 2020年も美味しいものがいっぱい食べれますように。大晦日の我が家のフルコースでした。(桐)

 

| | コメント (0)

2019年12月30日 (月)

遺産承継業務が増える?

 2019年12月30日(月)、おつかれさまです。

 官公庁は27日で仕事納めですが、金融機関は30日まで。私もたまりにたまった仕事を一つでも多く片づけるべく通常通り出勤です。

 銀行でもコンビニでも「今日も仕事?」って聞かれては、「事務所は休みだけど、一人で寂しく」と返しています。

 でも、小売店や医療・介護関係、交通関係で働く方々は、年末年始もほぼ関係ないですよね。正月に働く方々には本当に頭が下がります。

 さて、本題ですが、年内にケリをつけたかった遺産承継3件を、本日ほぼ終了させました。これで今月の遺産承継の処理件数は4件です。

 遺産承継業務と言っていいのか、よくわかりません。一部銀行は「遺産管理人」と呼び、ゆうちょ銀行は「遺産整理受任者」と言いますね。つまりは単なる相続手続です。

 ところで、弁護士以外の者が遺産分割協議の代理人となることは、弁護士法72条違反に問われます。

第七十二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

 共同相続人間に対立がなく合意が成立している場合に、遺産分割協議書を作成したり、預貯金の払戻しを代行したりすることは、上記「法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取扱」うことに該当しないと考えます。

 具体的に、今月処理した4件は、それぞれ異なるパターンです。

(1)保佐開始申立ての準備段階でご本人が死亡し、関係の切れた唯一の相続人を探し出して預金を引き継いだケース

(2)被後見人が死亡し、相続人全員からの依頼を受けて、預貯金、死亡保険金、不動産、出資金等を引き継いだケース

(3)相続人全員が事務所に来訪し、不動産、預貯金、出資金、保険、自動車の相続手続を頼まれたケース

(4)遺産は預貯金だけで、顔も名前も知らない相続人がいる可能性を金融機関から指摘されたケース

 以前は、被後見人等の遺産を分配する作業として相続人から依頼されることが多かったのですが、最近は初めての方から相続手続の一切をやってほしいと頼まれるケースが増えていると思います。

 司法書士が相続登記だけではなく、相続全般の手続に対応できるという認識が広がってきているかどうかは疑問ですが、増えているのは事実だと思います。

 しかし、ネットで集客している都会の司法書士の料金は高いですね。うちは大々的に遺産承継業務をやるつもりはありません。

 受任のルールや報酬の基準は一応は作っていますが、増えていくことを想定して検討が必要です。(桐)

 

 

 

 

| | コメント (0)

最上稲荷の猫

 2019年12月30日(月)、おつかれさまです。

 昨日お参りした最上稲荷の猫の写真を掲載します。

Img_4381

Img_4373

 あれれ・・・お稲荷さんて縁結びの神様だっけ?(桐)

 

| | コメント (0)

2019年12月29日 (日)

最上稲荷に行ってきました。

 2019年12月29日(日)、おつかれさまです。

 今日は久々に一日オフ。まずは最上稲荷にお参り。奥さんが新車を買ったので車体祈祷に行ったのですが、年末年始は車体祈祷はお休みらしい。確認して行けばよかったのだが。

20191229

 境内のいたるところに猫が。お寺では殺生ができないからか、人をまったく恐れません。

20191229_20191230003901

 奥さんが八方塞がりだったのでご祈祷してもらって、ご縁饅頭を購入して私の実家へ。お土産をゆずせんべいにするか、ご縁饅頭にするか、いつも迷います。

 ばあちゃんの畑で見つけた、これなあに。

20191229ufo3

20191229ufo   

 ネットで調べて見つけました。UFOピーマンというのだそうです。食べごろがいつかわかりません。

20191229_20191230004801

 こちらは晩白柚。ばんぺいゆと読みます。これだと大きさがわからなので。

201912292

 サッカーボールの4号球ぐらいは十分あります。

201912292_20191230005701

 じいさんが美味しい牛肉を買って来てくれたので、すき焼きでいただきました。29日は肉の日ですから。美味しゅうございました。

 こうした平和な日々が2020年も続きますように。(桐)

 

 

| | コメント (0)

2019年12月28日 (土)

災害のない年になりますように

 2019年12月28日(土)、おつかれさまです。

 営業は昨日で終了しましたが、今日は10時に出勤して事務所で残務整理と来客お一人、そして午後3時からは施設・病院回りでした。

 事務所内でごそごそしていると、西原天満神社お祭り実行委員会の方々が、今年も立派な門松を届けてくれました。地元地域のみなさんには感謝感謝です。ありがとうございます。

20191228

 所用で倉敷市役所に行ったら、表玄関は耐震工事中でしたが、裏の出入口に。

20191228_20191229011501

201912282

 こりゃでかいわ。立派です。

201912283

 札には「倉敷市真備町緑化協会」と書いてありました。この団体のホームページに勝手にリンクを貼りつけましたが、ご了承ください。

 同協会のホームページにはいっぱいの写真で活動の記録が報告されて、興味深く拝見しました。確かに竹と言えば真備町ですから。

 義父が70代の若さで認知症になったのは、やはりあの水害が大きかったかもしれません。今年も台風15号、19号とたいへんな被害がありました。

 2020年こそ災害のない平和な年になりますように。門松に願いを込めました。(桐)

 

 

| | コメント (0)

2019年12月27日 (金)

3回目の墓地公園

 2019年12月27日(金)、おつかれさまです。

 さて、本日をもって備中サポートセンター倉敷事務所の年内の営業は終了いたしました。年始は1月6日(月)からの営業です。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 今日は年内最後の営業日、朝一番で井原に行って、次は香川県三木町へ。せっかく香川県に来たのにうどんを食べる余裕もなく水島に戻って、岡山に行って、また水島に戻って・・・・高速道路に乗ったり降りたり、とにかくよく走った一日でした。

20191227

 キャラメル大好きなお父さんの遺骨を、四国池田記念墓地公園に収蔵してきました。2016年3月に息子さんを、12月に奥さんをそれぞれここに合祀しています。家族3人をお祀りし、私の仕事はほぼ終了です。

 安らかにお眠りください。(桐)

 

 

| | コメント (0)

新築登記義務、滅失登記義務

 2019年12月27日(金)、おつかれさまです。

 破産のお客さんから美味しい焼き菓子の詰め合わせをいただきました。ありがとうございました。

20191225

 まだ、免責決定が出ているわけではありませんが、職を変えて以前とは見違えるように生き生きとされています。「支払いの心配をしないでいいということがこんなにも幸せだとは思わなかった」とおっしゃっていましたが、破産状態に陥る多くの方々が根は真面目な性格だということを感じています。

20191225_20191226234201

 相続登記のお客さんからは橘香堂の栗まんをいただきました。ありがとうございました。私はむらすすめより栗まんの方が好きです。

 さて、お客さんは、放置されていた相続について、別に不動産が欲しかったわけではなく、ただ単に次の世代にやらせるわけにはいかないという思いから、思い切って手をつけられました。ご依頼は8月で、全部完了するまでに4か月かかりました。

 最初は親の相続だけで済むかと思っていたら、未登記建物がいっぱいあって、しかも課税上の納税義務者がそれぞれ全部違うし、数十年前に取り壊したという明治時代の草ぶき屋根の建物の登記が残っていたりして。

不動産登記法第47条第1項

 新築した建物又は区分建物以外の表題登記がない建物の所有権を取得した者は、その所有権の取得の日から一月以内に、表題登記を申請しなければならない。

不動産登記法第57条

 建物が滅失したときは、表題部所有者又は所有権の登記名義人(共有部分である旨の登記又は団地共用部分である旨の登記がある建物の場合にあっては、所有者)は、その滅失の日から一月以内に、当該建物の滅失の登記を申請しなければならない。

不動産登記法第164条

 第36条、第37条第1項若しくは第2項、第42条、第47条第1項(第49条第2項において準用する場合を含む)、第49条第1項、第51条第1項から第4項まで、第57条又は第58条第6項若しくは第7項の規定による申請をすべき義務がある者がその申請を怠ったときは、10万円以下の過料に処する。

 司法書士や土地家屋調査士なら誰でも知っていることですが、新築したら登記は義務です。取り壊したら滅失登記をするのも義務です。どちらも義務に違反すると10万円以下の過料になります。ちゃんと罰則まであるのですが、完全に死文化してしまった法律と言っていいと思います。全く守られていません。

 このお客さんの場合、正確にはその先祖ですが、一つの滅失登記義務違反+3つの新築登記義務違反です。登記制度が始まったころは建物は割ときちんと登記されていたように思えます。担保がついていない非常に古い建物の登記が残っているのは、きちんと登記をしていた時代があったからだろうと思います。

 ところが、いつのまにか建物を建てても、建築資金を金融機関から借入れてない限り、新築の登記をしない。建物を取り壊しても、滅失登記はしない。それが当たり前のようになってしまって、現在に至っています。

 でも、いつも思うのですが、登記をしていないと後の世代になってややこしくなる。法律は作ったけど運用しなかったツケが今の世代に回ってきていると思います。後々を考えて、家を建てたら登記をしましょう。倒したら滅失登記をしましょう。

 相続登記の義務が議論になっていますが、それ以前に、現在ある法律の適用を徹底させ、違法状態を解消すること、その方が先決の問題ではなないでしょうか。(桐)

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年12月26日 (木)

辞任の意思の確認

 2019年12月26日(木)、おつかれさまです。私、これでも司法書士なんですが、最近の高梁川日記には司法書士らしい記事がホント少ないですね。

 さて、先日依頼された役員変更の登記が上がりました。株主会社の平取締役が辞任して、新しい取締役が選任されたケースです。

 商業登記規則の改正により、平成27年2月27日から次のとおり変更されています、

(1)株式会社の設立の登記又は役員(取締役、監査役等)の就任(再任を除く)の登記を申請するときには、本人確認証明書の添付が必要となります。(規則第61条第7項)

(2)代表取締役等(印鑑提出者)の辞任の登記を申請するときは、辞任届に当該代表取締役の実印の押印(市区町村長作成の印鑑証明書添付)又は登記所届出印の押印が必要となります。(規則第61条第8項)

 今回のケースは(1)で、「就任承諾書に記載された氏名及び住所と同一の氏名及び住所が記載されている市区町村長その他公務員が職務上作成した証明書(当該取締役等が原本と相違ない旨を記載した謄本を含む。)を添付する必要があるとされています。要するに住所と氏名を証する住民票や運転免許証の写しなどを証明書として提出させて、登記所が本人確認をしたことにするわけです。

 一昔前なら、代表権を持たない取締役の住所は登記事項ではないから証明を要しない、と言われそうですが、実在しない役員を登記してしまっては不実の登記ですから、登記できればいいという発想を超えて多少厳格で合理的になったのだろうと思います。

 先日、会社に出向き退任する役員さんと面談し、辞任届に自署押印をいただいたのですが、一昔前であれば多くの司法書士がそんなことはせずに、会社の事務員さんに書類を渡して、後日押印されたものを受取っていたのだろうと思います。事務員さんが目の前で認印を押しまくることもあるかもしれません。それどころ司法書士事務所にある認印で・・・ということも。

 司法書士の本人確認義務は、登記申請者である代表者に対してあるのであって、辞任する役員や新しく就任する役員の本人確認をしなければいかないという義務はありません。

 私が司法書士になったばかりの頃に、伯父が経営していた会社の清算を相談されて会社の書類を見ていたら、死んだ伯母がその死亡日以後に辞任届を会社に提出して取締役を辞任していました。司法書士ってなんてぼろい商売なんだと思ったことがあります。その先生は亡くなったこと知っていたんでしょうかね。

 どこまで義務があるかは別にして、おかしな登記はしたくないですから、辞任の意思はきちんと確認しようと思っています。ネットで集客して書類さえそろっていればというやり方は、少なくともうちのやり方ではありません。(桐)

 

| | コメント (0)

2019年12月25日 (水)

サンフレッチェが浦和レッズ色に

 2019年12月25日(水)、おつかれさまです。

 サンフレッチェ広島サポが「#紫を取り戻せ」 「赤い」アウェーユニに激怒、クラブに対応を聞いた

 うーーーーん、みなさんどう思います。オイラはどうしても言いたい! よそのチームながらどうしても言いたいのだ。

 もしファジのアウェーユニがイエローやグリーンになったら、ファジサポはどうします?

 ファジのチームカラーは、誰が何と言おうとエンジと紺。”燕支色の軍団”だもんね。

 サンフレッチェはやっぱりバイオレット。サッカーファンなら誰もが認める紫。

 それなのに広島のアウェーユニが赤とは・・・、これは阪神タイガースのトラ柄かヒョウ柄になってしまう以上にひどい。最近の adidas もひどいけど、NIKE はもっとひどいな。

「スポーツの魅力や楽しさ、感動、そして、幸せや平和の実現をフットボールを通じて目指すというナイキと各クラブの理念が反映されています」 (サンフレッチェ広島広報)

 わからん。赤だったら平和が実現できるのか、紫だったら感動はないのか。

広島東洋カープにインスパイアされた。

 カタカナにすればいいってもんじゃない。だったらいっそ紫を捨てて赤にしたらいいじゃん。

「ナイキさんからこういう色はどうですかと相談を受け、クラブがそれに承諾して決めてきました。今回もその流れを踏襲しています。ナイキさんは東京五輪で日本の公式スポンサーではありませんが、その中で五輪をどう盛り上げていけるかという戦略の1つが今回のユニフォームです。ナイキが提供する3クラブ(広島、鹿島、浦和)のアウェーユニフォームは日の丸を意識した色使いで統一し、五輪を盛り上げたいと提案を受けました。クラブもセカンドについては紫にこだわらず、いろいろなチャレンジをしてきました。だから『やりましょう』と合意しました」 (サンフレッチェ広報担当者)

 紫を赤にしなくても東京オリンピックは盛り上がるわい! 紫を赤にして盛り上がり度がアップしたか、どうやって効果測定する。

 鹿島と浦和はもともと赤。それを広島まで赤にするってことは、NIKE の手抜き以外の何物でもない。

 その手抜きを中身のない抽象的美辞麗句で粉飾して正当化しようとする。意味の分からなさだけは最近の政治家と全く同じ。

 サッカー好きなら赤はやっぱりダイヤモンドレッズですよ。それを取っちゃダメです。

 批判が相次いでいるが「撤回は考えていません。今季はこのアウェーユニフォームでいきます。我々も信念をもって決めています」と見直す予定はない。ただし「頂いたご意見や、サポーターとクラブとの間にギャップがあったことは真摯に受け止めます。次回以降のユニフォームで考えていかなければなりません」と話している。

 どういう「信念」だ、わからん、ただ単に多国籍企業の言いなりとしか思えない。

 だいたいこういうのを「真摯に受け止め」ているとは言いません。もう決めたことだから今さらサポの意見など聴く気はないですよ、と言っているに等しいです。

 広報担当の言葉が空虚すぎる、本当は思ってもいないことを・・・・。これじゃあ、サンフレッチェサポが怒るのは当然。チームカラーは大事ですよ。みんなその色のユニを着て応援に行くんですから。家族で着て行くんだから。今からでも遅くない。紫を取り戻すべきです。(桐)

 

| | コメント (0)

2019年12月24日 (火)

茨城のレンコン

 2019年12月24日(火)、おつかれさまです。

20191224_20191224220702

 びっくりしました。茨城県から送っていただきました、レンコン4㎏です。こういう物をいただくと、今年も少しはお役に立てたのかなと、励みになります。

 「バナナマンのせっかくグルメ」というテレビ番組で見て、茨城県土浦のレンコンが有名だということは知っていました。事務所のスタッフで分けます。ありがとうございました。(桐)

 

| | コメント (0)

クリスマスケーキ

 2019年12月24日(火)、おつかれさまです。クリスマスイブです。

20191224

 おばあちゃんからクリスマスケーキのプレゼント、ありがとうございます。

20191224_20191224215401

 おかあさんからは口福堂のいちご大福、甘い物食べ過ぎですわ・・・ということで、おかあさんの決定でクリスマスケーキを食べるのはお預けになりました。ううううう、(桐)

 

 

 

| | コメント (0)

2019年12月23日 (月)

忘年会はふぐ

 2019年12月23日(月)、おつかれさまです。

 年末もこの時期になったら野暮用ばかりで全然仕事にならんですね。さて、備中サポートセンターの忘年会です。

 去年は韓国料理でしたが、今年は大盤振る舞いでふぐのフルコースです。

 まずは皮ひも、ポン酢で。 

20191223_20191224012302

 続いて皮身のサラダ。色合いがきれいです。生の白菜がおいしいです。

20191223

 皮身は酢味噌であえても最高です。

 20191223_20191224012301

 てっさ、けっこう肉厚です。あん肝をポン酢に溶かして、浅葱を巻いていただきます。

20191223_20191224013701

 続いては、白子です。うーん、クリーミー!

20191223_20191224014401

 続いて、焼き物は頬肉とひれ回り。これサイコーにうまいです。

20191223_20191224015301

 てっさだけど、今度はしゃぶしゃぶでいただきます。個人的にはこれが今日の一番でした。

20191223_20191224014601   

 自分の中では、フグと言えば唐揚げだったのですが、自分が食べてきた小フグとはちょっと違います。骨周りの肉がうまいです。

20191223_20191224014901

 そして、てっちり。豪勢です。

 20191223_20191224014902 

 〆はもちろん雑炊。うまああああい。

  20191223_20191224014701

 ごちそうさまでした。これで来年も・・・いや年内は・・・がんばれる。

 おつかれさまでした。

 あっそうそう、備中サポートセンターは資格者募集中です。(桐)

 

 

| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

真備町で7回忌法要

 2019年12月22日(日)、おつかれさまでした。

 天気が昼過ぎまで持ってくれて助かりました。今日は義母の7回忌法要でした。亡くなったのは2013年4月ですから、本当は2019年3月か4月に執り行うべきですが、そこはそれ、真備町ですから。

 2018年7月の西日本豪雨で2階まで浸かり、みなし仮設に出て、公費解体、平家の新築と、一通り物事が進んでからと考えて、9か月遅れでの法要となりました。

 ところが、義父は、新築の家に一人で1週間ほど住んだだけで脳梗塞を起こし入院。脳血管性の認知症で施設入所の身となりましたが、今日はとてもしっかりしていました。

 最初はポカーンとして親族が声をかけてもわからない様子だったのですが、だんだんと事態がわかってきたのでしょう。最後にはホールの出口で参列者に車椅子から「ありがとうございました」と声をかけるほどになりました。

 認知症には、家族・親族の働きかけがとても大事なんだと思わされた一日でした。おつかれさまでした。(桐)

 

| | コメント (0)

2019年12月21日 (土)

身近な親族が選任されることが望ましい

 2019年12月21日(土)、おつかれさまです。

20191219_20191222001901

 お客さんからぶっかけうどん12人前をいただきました。ふるいちのぶっかけは大好きです。ありがとうございます。

 さて、成年後見の難しさの一つに、専門職と親族の関係性があると思います。

 本人から依頼を受けた親族の一人が、他の親族の同意を得て任意に財産を管理し、身上監護もきちんとやっていた。にもかかわらず、本人の猜疑心がどんどん強くなってしまう。そこで専門職が入ることになりそうです。

 親族からすれば、なんで?という気持ちでしょう。でも、本人の性格なのか障害なのかはわからないけれど、親族を疑うようになってしまったら、それはやはりしょうがない。疑われて嫌な気持ちのままお世話をする必要もありません。専門職に委ねたほうがいいと思います。

 それより、親族に対する本人の信頼があっても、単に財産が多いという理由だけで親族ではなく専門職が後見人に選任される。この方がおかしい。現にそれで回ってきた事案が1件だけあります。選任されて最初にご自宅にご挨拶に伺ったときは、ご親族に対して申し訳ないような気持ちでした。

 今年3月に最高裁は、後見人には「身近な親族を選任することが望ましい」との考えを示しました。親族後見人の不正が多いことから、財産の多い事案に関しては専門職後見人の割合を増やしてきた裁判所ですが、方針転換したことを明確にしました。

 だとすれば、前述の事案で私が後見人であり続けるのは望ましくないわけで、最高裁の意見を根拠に辞任して、親族後見人に引き継いだ方がいいかもしれませんね。財産調査という難しい部分は全部終わっていますから。

 別件で被後見人の能力が回復されてきたので後見取消しを考えている事案があります。本人を自由にさせて、問題が起きれば、たぶん起きるだろうけど、そのときは事後処理を引き受けるという考え方でどうかと思っています。

 2020年は後見業務でいままでにないパターンをいくつか経験しそうで、しっかり勉強しなくちゃと思っています。その意味で、昨日の青年会のゼミナールは学習意欲を掻き立てられました。青年会のみなさん、ありがとうございました。(桐)

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年12月20日 (金)

祝 そして御礼 4000本

 2019年12月20日(金)、おめでとうございます。何におめでとうかというと、実はこの記事が高梁川日記が始まって4000本目の記事なのです。

 高梁川日記のスタートは2008年10月8日、以来苦節11年、4000本という地平に辿り着こうとは・・・、自分でも想像さえしていなかった。子どもの頃から何をやらせても三日坊主だった自分が、なぜここまで書き続けることができたのか。

 それはたぶん、第一に、文章を書くことが好きだから。何事もそうだが、まず好きでなければ続くはずがない。

 第二に、目的がはっきりしないというところ。これが、逆に幅を広げている。ブログを書く目的はと聞かれると、うーん、実ははっきりしない。

 今思えば、一番は自己満足だと思う。世の中に言いたいことをブログで書くことで、決して現実の何かを変えることにはならないけれど、よし言ったぞ、という自己満足が得られる。自分はこれだけ頑張っているんだと自慢することができる。

 こういう自己満足を重ねていくことは、自分の中でモチベーションの維持の面ですごくいい効果をもたらしていると思う。さらに、何一つ続かなかった自分が、これだけは続けているぞという自己満足を得ることができる。この自己満足は何事にも変えがたい。

 そして、ときには自分だけで満足するのではなく、読む人に考えてもらいたいこともある。やっぱり伝えたいことは確かにあるのだ。問題敵をしたいという気持ちが強いのも事実である。

 さらに、忘れがちな自分の経験を教訓として残しておく意味もある。確かにブログは備忘録として有効だと思う。簡単に検索できるし、一年前に考えていたこと、十年前に考えていたことを振り返ってみることができる。

 このように目的が一つに定まらないところが、幅を広げていく。目的を予め定めてその実現のために書くことほどマンネリ化を生むものはないと思う。逆に、いろんな目的があるということが長続きの秘訣の一つでもあると思う。

 第三には、ときどきコメントだけでなく、直にでも「あの記事、どうなん?」というリアクションが返ってくること。これが実にありがたい。「桐さんは登記がわかっとらん」、そう言われれば勉強するきっかけになるし、書きすぎたかなと思うこともある。目的が明確でないところが、逆になんでも書ける、幅を広げるということつながっていく。

 いろいろ書いたけれど、これまで面白かった。これからも続けて行こう。当面の目標はイチロー越えだ。日米通算安打数4367本を超えること。次の目標に向かってがんばります。

 話は代わりますが、酔っ払いが事務所に帰ってくると、私のデスクはこんな感じ。

20191220pasokonn

 デイトレーダーではありません。今日からデスクトップパソコン1台が新しくなり、モニターも1つ増えて、しかも大きくなりました。

 まるで仕事ができる人間になったみたいです。おつかれさまでした。(桐)

 

| | コメント (0)

2019年12月19日 (木)

一生刑務所の動機に思う

 2019年12月19日(木)、おつかれさまです。

 今朝の新聞には注目記事がいっぱいでした。①かんぽ不正問題の記者会見、②三菱電機新入社員自殺 労災申請、③#Me Too 訴訟 伊藤さん勝訴(東京地裁)、④新幹線殺傷訴訟 無期判決等々。

 その中で④のニュースについて、少し思うことをあります。

20191219

 横浜地裁小田原支部は、「一生刑務所に入るためとの動機は、あまりにも人の命を軽視し身勝手だ」として、求刑通り無期懲役の判決を言い渡しました。被告人は「控訴はいたしません。万歳三唱します」と発言し、両手を3回高々と上げたと報道されています。

 どう表現したらいいのでしょう。腹立たしいですよね。無力感も感じます。死刑にしてしまえという感情が起きるも自然だろうと思います。殺された会社員のご遺族の無念は如何ばかりでしょう。

 被告人は一生刑務所に入りたかったわけで、そのために人を殺すというのは、判決が言うとおり人命軽視であまりにも身勝手ですが、社会の中で生きづらい人が、刑務所に入ることを目的に犯罪を犯すというのはよくある話です。

 だとしたら、犯罪を犯さなくても刑務所に入れるようにしたらどうでしょう。それは刑務所とは言えないでしょうが、要するに家庭から社会から離れたいと願う人々の「収容所」です。

 人を殺さなくても、物を盗まなくても。希望すればそこに逃げられるシステムがあってもいいのではないかと思うのです。

 そんなことに税金を使うのかという人もいるかもしれませんが、逃げ場所をつくることはとても大事で、その「収容所」という閉じた社会の中で「猜疑性パーソナリティ障害」への取り組みがあってもいいと思うのです。

 この事件この裁判から何か教訓を得るとしたら、私にはそれしか思いつきません。(桐)

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年12月18日 (水)

今日の業務

 2019年12月18日(水)、おつかれさまです。今日は暖かかったですね。倉敷の最高気温は15.7℃だそうです。

 うーーーん、また失敗しました。情けないわ~。ダブルブッキングならぬトリプルブッキング。手帳に予定を書き込むのを忘れてしまうと、こういうことになります。関係者のみなさん、申し訳ありませんでした。

 さて、今日はただの業務日誌です。

 朝5時から出勤、裁判所から足りないよって言われた書類を作成し追完。9時過ぎに持参して提出し、別件依頼者のご自宅へ直行。

20191218

 もち吉のおせんべいをいただきました。「いつも家に来てくれてありがとう」って、車の運転をされない独居の方なので。

 平成17年に税理士さんが遺産分割協議書を作っていて、その協議書を市役所資産税課に持参して未登記建物の代表相続人の届出をすればよかったのですが・・・、そこはあくまで相続税申告のための協議書、その助言がなかったために今けっこうややこしいことになっています。

 協議書を作ったのなら、最低限納税義務者は変更しましょう。できれば税理士さんもそこまでアドバイスしていただきたい。そして、未登記建物もこれを契機に登記しましょう。後でトラブルにならなくて済みます。

 そして、「どうにもならん この遺言」の1件を決着。しかし、司法書士が関与して2通りの解釈ができるような遺言を作らないでいただきたい、しかも公正証書ですから。

20191218_20191218231301

 事務所に帰ると、お客さまからマドレーヌやバームクーヘンの詰め合わせをいただきました。ありがとうございます。

 私が関わったのは10年前ですが、そのときは危険性を感じていませんでした。悲しい事件です。

 精神障害の方の本当の意思を見極めて尊重し、合理的解決策へと誘導するのは本当に難しい仕事です。

 普通に考えれば十中八九、結論は右ですが、左だと吹き込み者がいて本人の意思という外形を装って左へ誘導する。本人の意思であれば裁判所も受け入れざるをえない。

 自己決定権の尊重と本人の保護の問題は、いつも現場で最大の悩みです。私に何ができるかわかりませんが、お菓子分の働きはしなくちゃね。

 そのほかに、 今日は遺産承継業務で大きく進んだのが1件ありました。おつかれさまでした。また頑張りましょう。お体に気をつけて。(桐)

 

| | コメント (0)

2019年12月17日 (火)

被後見人の三回忌

 2019年12月17日(火)、2本目の記事です。

 この季節には珍しく小雨が降る一日でしたが、大雨にならなくてよかったです。今日は享年101歳で亡くなられた被後見人Mさんの三回忌法要。

20191217

 遠方から子どもさん、お孫さんも見えられ、無事執り行うことができました。ご親族で御料理を囲んで、部屋から見えるもみじがきれいだったのでパシャ。

 おつかれさまでした。心安らかにお眠りください。(桐)

 

 

| | コメント (0)

最初からわかっとるやろー記述式見送り

 2019年12月17日(火)、おつかれさまです🍺

 私と違って非常に温厚なうちの息子が、テレビに向かってすんごい怒っています💥

 今日、荻生田文科相は、来年度から導入予定の共通テスト(国語と数学)の記述式問題の見送りを発表しました。

 延期理由は、(1)実際の採点者決定が来年秋から冬になる、(2)採点ミスを完全になくすには限界がある、(3)自己採点と実際の採点結果との不一致の大幅な改善は困難、とされています。

 うーーーん💦 (1)は導入する側の勝手な事情ですが、(2)と(3)は受験者にとって死活的な問題です。

 息子の反対理由は明確です。まず(3)、正確な自己採点ができないと志望校の最終決定ができない。次に(2)、1万人のアルバイトで公平公正な採点はできっこない。 御意❗

 そして、彼が言うには、そんなことは最初からわかっとるじゃろが💢 決めるのが遅い❗ これが一番腹が立つ理由だそうです。彼は高3ですが、1年下の後輩たちが可哀想すぎる~💧とのこと。そりゃそうです。

 記述式なんて二次試験でやればいいんです。大学に自由にやらせればいい。現に9割の国立大が二次試験に記述式を導入しているようですよ。だったら必要ないじゃん❗

 英語の民間試験導入問題もそうですが、ここまで迷走した原因と責任を国の政治家たちはどう考えているのでしょう。

 一般の国民から見たら不思議ですよね。まるでアンデルセン童話の「裸の王様」みたいです。最初から裸だとわかっているのに、最初から難しいとわかっているのに・・・。

 きっとこの国の官僚と政治家たちには、正直な国民には決して見ることのできない崇高な光景が見えるのでしょう。自分の意思とは無関係に。

 原因と責任は明らかにしてほしいのですが、結局、モリカケや桜を見る会と同じでしょうね。(桐)

 

| | コメント (0)

2019年12月16日 (月)

銃刀法2条2項

 2019年12月16日(月)、おつかれさまです。

 銃刀法、正式名称は銃砲刀剣類所持等取締法だそうです。

銃刀法第2条 この法律において「銃砲」とは、けん銃、小銃、機関銃、砲、猟銃その他金属製弾丸を発射する機能を有する装薬銃砲及び空気銃(省略)をいう。

2 この法律において「刀剣類」とは、刃渡り15センチメートル以上の刀、やり及びなぎなた、刃渡り5・5センチメートル以上の剣、あいくち並びに45度以上に自動的に開刃する装置を有する飛出しナイフ(刃渡り5・5センチメートル以下の飛出しナイフで、開刃した刃体をさやと直線に固定させる装置を有せず、刃先が直線であってみねの先端部が丸みを帯び、かつ、みねの上に置ける切先から直線で1センチメートルの点と切先とを結ぶ線が刃先の線に対して60度以上の角度で交わるものを除く。)をいう。

 条文を読んでも全然理解できません。

 読者は、司法書士のブログでなんで銃刀法? って疑問に思っていることでしょう。

 業者さんが被後見人の自宅を片付け作業中、出てきたそうです。ちょっと本格的なやつみたいで・・・2条1項じゃないですよ、2項のほうです。

 明日警察に相談に行きましょうか。おつかれさまです。(桐)

 

| | コメント (0)

2019年12月15日 (日)

お歳暮をありがとうございます 2

 2019年12月15日(日)、おつかれさまです。

 昨日は、風邪で晩御飯も食べずに眠ってしまったので、ブログは更新できませんでした。

20191215

 またまたお歳暮でビールをいただきました。アサヒスーパードライ。ありがとうございます。

 我が家は、私がキリン派で、奥様がアサヒ派ですが、それを知ってか知らいでか、みなさん必ずアサヒを送ってくださいます。

 これでこそ家族円満であります。(桐)

 

 

| | コメント (0)

2019年12月13日 (金)

お歳暮ありがとうございます

 2019年12月13日(金)、おつかれさまです。

 年末ですね。ありがたいことにお歳暮をいっぱいいただきます。

20191212_20191213231101

 Wさんから伊藤ハムの神戸倶楽部をいただきました。息子さんを病気で失くし、独居でつましい生活を送っている方ですが、そのお気持ちがうれしいです。ありがとうございます。大事にいただきます。

20191212_20191213232501

 Mさんの奥さんからは、アサヒスーパードライ JAPAN SPECIAL。ご自身の健康に不安を抱えながら、認知症のご主人の在宅介護で苦労されています。お気遣いありがとうございます。

20191213

 葬儀会社のIさんからは、おいしいお菓子をいただきました。いつもありがとうございます。

 Tさんの後見開始申立て、2月から見守り、10月から準備を初めて、今日ようやく申立てをすることができました。

 いまだかつてない困難案件に発展する可能性がありますが、来年もなんとかがんばっていきます。(桐)

 

 

 

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

任意後見契約と補助の関係

 2019年12月12日(木)、おつかれさまです。

 先日、佐賀県出身のお客さんから北島製菓の丸芳露をいただきました。しかも事務所のスタッフ全員に1箱ずつ。いつもありがとうございます。

20191212_20191212222001

 さて、今日のネタは、任意後見契約と補助開始の関係についてです。

任意後見契約に関する法律

第10条 任意後見契約が登記されている場合には、家庭裁判所は、本人の利益のため特に必要があると認めるときに限り、後見開始の審判等をすることができる。

2 前項の場合における後見開始の審判等の請求は、任意後見受任者、任意後見人又は任意後見監督人もすることができる。

3 第4条第1項の規定により任意後見監督人が選任された後において本人が後見開始の審判等を受けたときは、任意後見契約は終了する。

 先日、任意後見契約が登記されている方について、補助開始の審判を出してもらいました。第10条第1項の「本人の利益のため特に必要がある」と認めてもらったことになります。無理やり感は否定できませんが・・・。

 「本人の利益のため特に必要がある」とはどういう場合でしょう。任意後見制度は、任意後見人に代理権を付与する制度であって、同意権・取消権がありません。したがって、本人の利益を守るために、同意権・取消権を付与する必要がある場合がこれにあたると思われます。

 特に同意権・取消権が必要ではなくても、何らかの事情で任意後見よりも保佐や補助の方が望ましい場合があると思います。

第9条第1項 第4条第1項の規定により任意後見監督人が選任される前においては、本人又は任意後見受任者は、いつでも公証人の認証を受けた書面によって、任意後見契約を解除することができる。

 そういう場合は、任意後見契約を解除した後に、保佐や補助の開始申立をした方がいいと思われます。今回はそうすべきであったと少々反省しています。

 任意後見という制度の使い勝手がよくわりません。任意代理なら非常にニーズが高いと思うのですが、こちらの方は法制化されていません。ニーズが高い方をきちんと法制化した方がいいように思うのは、私だけでしょうか。(桐)

 

 

 

| | コメント (0)

2019年12月11日 (水)

どうにもならん こんな遺言

 2019年12月11日(水)、おつかれさまです。遺言について今日はもう1本。

 司法書士は、遺言のいろんな局面で関わります。(1)遺言を作りたいから相談に乗ってほしい。(2)遺言を持参され登記をしてほしい。(3)遺言があったが納得いかない・・・・等々。

 要するに、(1)遺言者から、(2)遺言により取得した方から、(3)遺言により排除された方から、それぞれ違う立場からの依頼や相談です。

 数年前、がん患者の依頼で、「3人の子のうち問題のある1人を家から追い出して自立させたい」という趣旨で文案を作って公証役場に持ち込んだことがあります。

 そのとき公証人から「わざわざもめさせる遺言を作るんじゃな」と言われました。ご本人から心情を聴き、その意思に沿った文案を作成した者としては、少々カチンと来るところがありました。

 結局、公証役場に行く前にご本人から連絡があり、「女房が反対しているから遺言はやめとく」ということになりました。問題の1人を排除してその後に起こるであろう感情的対立に、母としては耐えられない、ということなのでしょう。公証人の言うことが正解だったと反省しました。

 同じ頃、ほとんど同じ遺言の依頼を受けました。違ったのは子が2人、配偶者がすでに死亡している、という2点だけ。やはり末期がんの方でした。その後、亡くなったという話を聞きましたが、相続人から登記の依頼は来ていません。

 この2件を経験して以降、不動産がある場合の「全財産を長男に」パターンには少々消極的です。遺留分減殺請求されるとややこしいですよね、きょうだい間でしこりが残るし。できれば遺留分相当の預貯金を二男に残した方がもめなくていいような気がします。

 もちろん遺言は遺言者の意思によるものです。だけど、相談されたら法律家として意見を言うべきでしょう。「こういう内容の方が、しこりは残らないと思いますよ」と。

 最近、ひどい内容の遺言に何度も遭遇しています。いずれも司法書士が証人となっている公正証書遺言です。一例をあげると、こんな遺言はどうでしょう(実際の事案は少し異なります)。

(1)「全財産を長男に相続させる」としたが、その中に二男所有の家の敷地が含まれている。相続登記後、長男が二男にこの土地から出て行けと嫌がらせをしているそうで、死の直前に作られた遺言が亡父の本当の意思だったかどうか疑問。

(2)7人きょうだいだが「男は2、女は1の割合で相続させる」。しかも、証人の司法書士が全不動産に共同相続の登記を入れている。単に男と女で相続分を変えるというのは差別じゃありません? しかも、7人の共有にしたため、第2次、第3次相続で、今や相続人は数十人。

 以上は一例ですが、「なんじゃこの遺言は?」って他の司法書士や弁護士に思われることのないように、自分の経験を反省しながら精進していきたいものです。もうそう言われているかもしれないですけど。(桐)

 

 

| | コメント (0)

問題は、遺贈の登録免許税

 2019年12月11日(水)、おつかれさまです。

 最近、遺言を作りたいという相談が多いです。本日私の外出中に、法定相続人でない親族に遺贈したいという方から話があって、事務員が相談を受けたようです。登録免許税は相続が0.4%、遺贈が2%、この違いをきちんと説明しておくよう指示を出しました。

 かなり前ですが、この登録免許税で失敗したことがあります。老夫婦から全財産を優しい孫にやりたいという遺言の依頼がありました。嫁と一緒になって辛くあたる息子にはやりたくないそうです。孫への遺贈の公正証書遺言を作って、ご夫婦は安心しておられました。

 それからまもなく、ご夫婦が焼身自殺をしたという話を聞きました。お孫さんに遺言の内容を知らせたところ、当初は遺贈を受けるという話だったのですが、所有権移転登記の見積書を出すと、登録免許税の高さに驚いて、結局登記はしないという結論になりました。

 老夫婦が必死の思いで作った遺言が無駄になりました。この件以来、私は遺贈の遺言作成には慎重です。

 先日、私が関与した遺言ではありませんが、息子の妻に遺贈するという公正証書遺言で所有権登記をしました。受遺者は登録免許税の高さにびっくりで、「お支払いは次の年金が入るまで待って!」とのことで、登記済を預かったままです。

 親族への遺贈に限定して、相続と同じ登録免許税でもいいと思いませんか! 同業者のみなさん、どう思われます?(桐)

 

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

なんとかならんか年金事務所

 2019年12月10日(火)、おつかれさまです。

 年金事務所の相談が予約制になったのは、それ自体は別に悪いことではないと思うけど、今日電話したら今週はもう予約がとれないとのこと。

 死亡届を出すだけなのに・・・・。

 年金事務所のHPでは、個人番号が年金事務所に収録されている人は死亡届を出さなくてもいいとなっています。でも収録されているかどうかはどうやったらわかるのでしょう。

 20191210

 相談なら確かに予約制でもいいと思いますが、被後見人の方が亡くなられて死亡届を提出するだけなのに、なんで1週間先の予約をとっていかなければならないのでしょう。

 死亡届、未支給年金申請、遺族年金給付申請、これらは単純な行政手続きであろうと思います。市役所で住民票の写しや戸籍謄本を請求したり、住所の異動届を出すのと同じです。

 市役所が死亡届、婚姻届、離婚届を受け付けるのに、予約制を導入したらどうなるでしょう。1週間先でないと結婚できませんとか。あるいは登記申請をするのに、予約をとってから来てくださいと言われたら、司法書士はどう思います。

 行政手続きはその場で受け付けるのが当たり前だろうと思います。予約制は行政サービスの低下というより、行政の市民サービスの放棄であると、私は思っています。

 相談の予約制を否定するものではありませんが、その結果、すべての申請・届出を予約制にしてしまうのはおかしいです。

 なんとかならんか年金事務所。(桐)

 

| | コメント (0)

なんとかならんか病院

 2019年12月10日(火)、おつかれさまです。

 「病院に行くと病気になる」「病院に行くと疲れて寝込んでしまう」、おかしな話ですが、事実です。

 今日は補助人になる方の受診で、運転手兼案内役としてK病院に同行し、待合の時間にブログの更新です。

 本日のツアーは、(1)採血→(2)エコー検査→(3)血液内科→(4)肝胆膵内科→(5)循環器内科→(6)神経内科のフルコースです。ちょうど1週間前にもハーフコースを回ったばかりなのに。保険医療だとフルコースでどれぐらいのお値段なのかよくわかりません。

 血液検査で数値に異常が出ると、さらに別の検査を入れて専門医の意見を聴こうとなり、別の科を受診することになります。高齢のご本人は自分がどこが悪くて何科を受診しているのか、理解できていません。

 ご本人が理解されているのは、肝臓が悪いということ、腰が痛いということ。血液内科でも、肝胆膵内科でも、循環器内科でも、「お変わりないですか」と聞かれて「腰が痛い」と訴えるのですが、どの医師も腰の痛みは直してくれません。

 昨日、C病院に通院同行した方は、予約の時間前に来ても受診まで2時間近く待たされ、私は次のスケジュールがあったので急遽事務員を呼んで付き添いを代わってもらいました。C病院の場合は、一つの診療科の待ち時間がとにかく長い。予約時間なんてあってないに等しいです。

 現在、ご本人はフルコースの半分を終えたところですが、疲れ切ってもう帰りたくなっています。

 疲れ果てて寝込まなければいいのですが。(桐)

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

かんぽの遺族とは

 2019年12月9日(月)、おつかれさまです。皇后雅子様の56歳のお誕生日だそうで、おめでとうございます。

 さて、ここのところグルメネタばっかりでしたが、今日は久々に法律ネタです。

 被相続人Aさんはかんぽの死亡保険をかけていました。受取人は配偶者でしたが、配偶者はAさんより先に亡くなっていました。

20191209-3

 死亡保険金の受取人が指定されていなかった場合、被保険者が亡くなる前に指定されていた受取人が亡くなっていた場合、被保険者の遺族が受取人になります。

第三十四条 保険契約者が保険金受取人を指定しないとき(保険契約者の指定した保険金受取人が死亡し更に保険金受取人を指定しない場合を含む。)は、左の者を保険金受取人とする。

一 保険期間の満了に因り保険金を支払う場合にあつては、被保険者。但し、保険期間の満了後保険金を請求する前に被保険者が死亡した場合にあつては、被保険者の遺族

二 被保険者の死亡に因り保険金を支払う場合にあつては、被保険者の遺族

2 前項の遺族は、被保険者の配偶者(届出がなくても事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む。)、子、父母、孫、祖父母及び兄弟姉妹並びに被保険者の死亡当時被保険者の扶助によつて生計を維持していた者及び被保険者の生計を維持していた者とする。

5 第二項に規定する遺族が数人あるときは、同項に掲げる順序により先順位にある者を保険金受取人とする。

 Aさんの場合、一人っ子が先に亡くなっており、孫がいました。相続であれば、孫が子を代襲して相続人となります。しかし、かんぽの死亡保険では、簡易保険法第34条第1項第2号、同条第2項、同条第5項により、孫ではなく父母が優先順位です。

 Aさんの死亡時の年齢は90歳。出生から死亡までの戸籍の中に、父の死亡の記載はあったのですが、母の死亡の記載はありませんでした。90歳のその母だから・・・と郵便局の窓口で言ってみましたが、ダメでした。

 現在の国内最高齢は115歳。16歳で子を産んだとしたら現在106歳。確かに生存の可能性はあります。ということで、亡母の戸籍を請求せざるをえません。

 かんぽが、相続と異なり特殊であるということは以前から知っていましたが、これまで子が受け取るケースでしたから問題にはなりませんでした。やっぱり特殊だと肝に銘じた貴重な失敗でした。(桐)

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

喜楽園のチャーハン

 2019年12月8日(日)、おつかれさまです。

 "Remember Pearl Harbor" って言われてもわからないですよね。私も若いので。

 さて、先ほどお上品な「月のうつわ」さんの中華そばを紹介しましたが、こんどはこちら。金曜日に水島の特養に行ったついでに寄ってきました。

 これは、水島の人なら写真を見たら誰でもわかるはず。そうです、おなじみ「喜楽園」さんのチャーハン500円(税抜)です。前に食ったときは480円でしたが、消費増税で便乗値上げでしょうか。まあ、それでも安いと思いますよ。

20191209_20191209010901

 だいたい、お姉さんがテーブルにドンと置いた時点で、皿からこぼれ落ちます。わかりますかね、右上の部分です。

 食べようとれんげを入れた瞬間、さらに第二弾で、ぼろぼろぼろっとテーブルの上にこぼれ落ちます。

 こぼれ落ちた部分をすくって食べるべきかどうか、悩んではいけません。こぼれようが何しようが、躊躇なくいただきます。私は指ですくっていただきます。

 私だけではありません。合席で向かいに座ったスーツにネクタイの管理職風サラリーマンも、落ちた部分を指で食べていました。それが常識です。それがリスペクトです。

 写真だと大きさがよくわからないですが、とにかく山盛りです。生まれも育ちもお上品で高貴な私にとって、空腹を満たすには最高のチャーハンです。

 恥ずかしながら、ちょっと言いにくいのですが。たっぷり入った細切れのチャーシューが、なんだかマグロのような気がするのは私だけでしょうか。んんん?

 ともあれ、美味しゅうございます。美味しゅうございますよ。しかし、だがしかし、テーブルの上に置いた瞬間に米粒がこぼれ落ちるのはいかがなものか。お姉さんに言いたい。お願いだからそっと優しく置いてくださいね。(桐)

 

 

 

| | コメント (0)

月のうつわ

 2019年12月8日(日)、おつかれさまです。

 真珠湾攻撃、日米開戦から78年目です。最近は、日本とアメリカがかつて戦争していたことも知らない子がいるみたいですね。うちの子は大丈夫かな~? ちょっと不安です。

 さて、倉敷のアミーゴにメダカ用水草を買いに行ったついでに、いつもは行かない店に立ち寄りました。ネットでよく見かけるけど一度も行ったことのない「月のうつわ」さんです。鶴形の東小学校の西の奥まったところにあります。

 店内はとってもお洒落。美観地区のはずれなので観光客向けかなっていう雰囲気もします。私のような小太りのおっちゃんが行く雰囲気の店ではない。

20191209

 頂いたのは中華そばのねぎ盛890円。普通の中華そばは790円です。鶏出汁のスープだと思います。オーソドックスな濃口の醤油味です。

 店の雰囲気も上品なら、ラーメンの味も上品。美味しゅうございました。

 もう少し安くて、駐車場に困らなければ、生まれも育ちも上品でおしゃれな私としましては、再々行きたい雰囲気のお店であります。ごちそうさまでした。(桐)

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

施設入所と真備焼きと家族信託と薪ストーブ

 2019年12月7日(土)、おつかれさまです。

 今日もいろんなことがありました。まず、義父を施設に入所させました。義父自身はたぶん、真備町に帰りたかったのだろうけれど、倉敷市内の私が信用している有料老人ホームに入ってもらいました。

 脳血管性です。小さな脳梗塞がいっぱいあって、言葉が出ない状態です。そして、今月は義母の七回忌を迎えます。そんな話をすると、今日もお父さんはよく泣きました。また明日行ってみようと思います。

20191207

 真備町と言えば、真備町のとある精神科病院からお歳暮をいただきました。「真備焼き」です。これはうまいです。ぜひみなさん、試してみてください、いつもいつもありがとうございます。

 そして、午後からは岡山県青年司法書士協議会の研修会と臨時総会。なかなか濃い中身の研修でした。これまでちょっと斜めに構えていた家族信託ですが、勉強してみようという気になりました。講師のモリモリ先生とワンワン先生、ありがとうございました。

 飲んで家に帰ってくると・・・・

 20191207_20191207233501

 令和元年初の薪ストーブの暖かさが迎えてくれました。例年11月20日前後に点火するのですが。たぶん初めてだと思います。12月に入って点火したのは。貴重な資源である薪を大切に使っていかなければなりません。

 明日もがんばります。酔っ払いはもう寝ます。おやすみなさい。(桐)

 

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

公嘱との合意書承認

 2019年12月6日(金)、おつかれさまです。寒くなりましたね。

 今日は、13時30分から岡山県司法書士会館にて会務の大事の面接、15時から第5回理事会、そして19時から理事会メンバーで忘年会。とにかくお疲れさまでした。

 忘年会の席で「何で飲まないの?」といっぱい聞かれましたが、そんなに珍しいですかね。私が飲まないのは。別に体を壊しているわけじゃないですよ、ご心配なく。

 午前中ギリギリまで外回りしていたら、電車の時間をやり過ごしちゃって、遅刻しないためには車で高速を使って岡山まで行くしかなかったのです。ただそれだけです。

 それで、家に帰ってからビールを飲みながら、ブログの更新です。

20191206

 ちなみに今日の理事会での一番重要な決定事項は、岡山県司法書士会(以下、本会と言う)と岡山県公共嘱託登記司法書士協会(以下、協会と言う)の合意書の承認でしょう。

「令和元年度長期相続登記等未了土地解消作業」を苦しんで苦しんで受注した協会からの要望事項に沿って、同作業を行うため、本会は協会に対して何点かの協力をすることになりました。

 内容は、新たに本会で事務職員を雇用すること。資金的に余裕がない協会に、本会が当面の資金を立て替えること。事務を行うための場所と設備を貸与すること等です。

 この作業は、戸籍を収集し法定相続人情報を作成する作業者個人としても本当に大変なのですが、組織としてもかなりの資金と労力の負担を強いられます。作業者はほとんどボランティアに近いと言っていいかもしれません。

 一応、本会と協会の合意書については賛成多数で承認されましたが、一部反対意見があったことは記録にとどめておくべきです。

 そのほか、事務局職員給与・退職金支給規程の一部改正案、経済的困窮者支援会員への援助実施要綱の一部改正案も承認されました。

 以上、ご報告まで。(桐)

 

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

成年後見の首長申立

 2019年12月5日(木)、おつかれさまです。今日は、老健施設で新件の調査期日。

 5月に某介護事業所から相談されて、市長申立てにするよう助言した案件です。

 助言してから7か月、審判確定までは8か月ぐらいかかりそうです。子がいなくて兄弟姉妹は遠方なので調査はたいへんです。

 時間がかかるのは市役所だけの問題でないことはわかっていますが、それでもやっぱり時間がかかりすぎです。

 岡山県内の自治体は、どこも首長申立に関してはかなり頑張っています。

 平成29年の統計では、都道府県で首長申立件数が多い順にあげると、東京、神奈川、大阪、埼玉、千葉、岡山ですから。

 大都市圏の都府県と肩を並べているわけですから、すごいです。計算してませんが、人口比でみるとかなり進歩的だろうと思います。

 そういえば、昨日、後見人に就任前の方の医療保護入院にお付き合いしたのですが、家族がいないので市長同意による入院でした。

 市町村長は、法律上も住民からしてみれば最後の拠り所なんですね。もっともっと市長申立を使いやすくしていきたいものです。

 関係ありませんが、セブンの青の贅沢、キリマンジャロブレンドを初めて飲みました。

20191205

 けっこう美味しいです。それでは明日もがんばりましょう。(桐)

 

| | コメント (0)

ラーメンあかり

 2019年12月5日(木)、おつかれさまです。

 今日は寒かったですね。部屋の中にいてもダウンを着ています。

 さて、玉島で博多長浜ラーメンといえば「あかり」さんです。昨日、久々にいただきました。

20191205akari

 いつも麺の硬さは「ふつう」で頼みます。見た目はあんまりパッとしないんですが、癖になるスープなんです。

20191205akari2

 紅しょうがと辛子高菜をたっぷり入れて、白ごまを少々。

 必ず替え玉をしますが、替え玉はいつも「カタ」で、辛子高菜を追加していただきます。

 美味しゅうございました。本当に癖になる味です。

 玉島支所、玉島簡裁、岡山家裁玉島出張所に来たときはどうぞ、お試しあれ。(桐)

 

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

長期相続未了土地解消作業 おつかれさまです。

 2019年12月4日(水)、おつかれさまです。

 司法書士会は、国が進める「長期相続未了土地解消作業」の一翼を担っていますが、これがしんどい。

 私なんか、全く大したことはしていませんが、作業の中心メンバーの方々は本当に大変だと思います。

 一部では「地獄作業」と言っているそうです。もっと予算が付けば、人を雇うこともできるのですが・・・・。

 さて、今日、私の担当する作業の最後の3件を納品しました。

 3件と言ってもその3人の所有権登記名義人は直系の関係だったので、実質は1件だったのですが、これがたいへんな案件で。

 1件の中にいくつもの論点がありました。

① 仮に所有権登記名義人を山田太郎としましょう。太郎が戸籍の中に2人いる。孫におじいちゃんと同じ名前をつけたんですね。さて、どちらが登記名義人の太郎でしょう。

② 戸主の二郎が隠居して養子に家督相続させ、実子を連れてその家を出て新しい戸籍を作っています。当該不動産は養子に家督相続されるのか、それとも新しい家の実子に家督相続されるのか。当該不動産の登記が登記原因日付が記録される移転登記でなく、保存登記のみなので・・・。

③ 戸主が死亡しているが家督相続されていない。法定家督相続人(家族たる直系卑属)、指定家督相続人、第一種選定家督相続人もおらず、第4順位の直系尊属(祖母)のみが家族にいる。母は離婚して家族ではない。旧法の第4順位の家督相続で祖母を家督相続人とするか、新民法附則25条により新法を適用し、母を相続人とするべきか。

④ 旧法の遺産相続で、長男と二男がおり、被相続人死亡以前に長男が死亡し、その子がいる場合、代襲相続はあるか。

 もう論点だらけで、本当に悩みました。勉強にはなりますが、なかなかしんどいですわ。(桐)

 

 

 

| | コメント (0)

半円の虹

 2019年12月4日(水)、おつかれさまです。

20191204_20191204215701

 今日の午後3時半ごろ、すっごくきれいな虹でした。高梁川の土手の上から、虹の西脚。

20191204

 土手を降りて虹の東脚。上でつながっているんです。本当に半円形。

 車の運転をしながらだったので、全体を写すことはできませんでしたが、つながった半円の虹を見たのは生まれてはじめてでした。(桐)

 

| | コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

思い込みの強さをどうしたら

 2019年12月3日(火)、おつかれさまです。

20191203

 昨日。賃貸物件の管理業者さんからお菓子をいただきました。ありがとうございます。仕事上、なかなかしんどいことが多くて、こういう気遣いをうれしく感じます。

 さて、今日も大変でした。うちの事務所は9時から営業ですが、出勤前の8時ジャストに携帯が鳴って、ヘルパーさん曰く「〇〇さんが、お金がなくなったって、警察を呼べって」。

 昨日退院して住宅型入居施設まで送り届けたばかりですが、カバンの中に入れていた大金を、泥棒に盗られたと大騒ぎしているようです。

 ヘルパーさんはとにかく困っているようで・・・。オイラも困ったけれど・・・うーん、しょうがない。超特急で洗濯物を干して、ゴミを出して、ルンバをかけて、ゴー! 

 目的の施設は倉敷市外です。車で片道30分ぐらい。到着して〇〇さんの居室に入ると、いきなり大声で「桐さん、金を盗られたんじゃ、警察を呼んでくれ」。

 枕元に置いてあったカバンの中を私が点検してると、「早く警察を呼べ!」と怒り出す。でも、「ハイ、ありましたよ」。

 発見まで30秒か、40秒。そのために私は、往復1時間。よって、午前中の予定は全部後ろ倒しに。

 2019年5月20日の記事「電器屋さんにて」の記事の方です。記憶力は私よりしっかりしています。なくなったという金額も発見された金額とほぼあっていました。

 認知症の方は一般的に近時の記憶が弱くなります。被保佐人でほぼ毎日電話をかけてくる方がいますが、この方は電話を切って5分もしないうちに同じ内容の電話をかけてきます。

 〇〇さんは、記憶力、見当識、判断力ともに素晴らしいのですが、聴覚障害と視覚障害があります。歳をとってそうなったからでしょうか、(視力が弱い⇒見落としているかもしれない)ではなく、(自分が見て見つけられない⇒盗まれた)とつながります。

 このとき、ご本人がヘルパーさんに探してくれと言ってくれればいいのですが・・・、人に探してもらおうではなく、一気に警察を呼べになってしまいます。

 ヘルパーさんは、大事な物に触ることで自分に嫌疑がかかることを恐れます。その気持ちよーくわかります。今後も度々こういうことがあるだろうと思います。どうしたらいいのか、とても難しい問題です。

 しかし、いきなりの電話で、往復1時間の時間を奪われるのはつらいところです。(桐)

 

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

キャラメルとワンカップ

 2019年12月2日(月)、おつかれさまです。

 風邪をひいてしまいました。昨日は、ブログを更新しないで眠ってしまいました。

20191202

 12月1日(日)、倉敷中央斎場(種松山)はもみじがきれいでした。

 「助けられませんでした」からわずか4年しか経っていません。

 最初に息子が亡くなり、次に母親が亡くなり、最後に父親が亡くなりました。

 3人とも私が一人で収骨しました。何とも言えないものがあります。

20191202_20191202230401

 遺骨は、事務所のBOXに四十九日仮置きします。大好きだった森永ミルクキャラメルをお供えします。

 そういえば、ワンカップをよく飲んでいましたね。フラフラの足でコンビニに行って、酒を買ってました。

 明日はワンカップをお供えしましょう。

 こういう記事をブログに書くことには、否定的な意見もあろうかと思います。

 私としては、書いておけばその人を忘れなくてすむ、という気持ちがあります。

 忘れないことが一番の供養だと考えています。(桐)

 

 

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »