« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月31日 (日)

家でもなく、施設でもなく

 2020年5月31日(日)、おつかれさまです。

 夕方スーパーで買い物をしていると、某施設の管理者から電話があり、被後見人Aさんの状態を報告され、私は救急搬送を要請しました。

 夕食を終えた頃、救急病院の医師から私に電話があり、容態が安定したとのこと。よかった~。

 昨年8月から4月まで、9か月で10人の葬儀を挙げました。不思議と月末になると誰かが亡くなります。でも、今月は亡くなる方がいなくて、ほんとによかった。ちょっとヒヤッとしましたが。

 ところで、今日は、被後見人Bさんを同行して、新見市と真庭市と高梁市の境にある山間の集落に行ってきました。

 一緒に行くのは3回目です。道路脇から野ウサギが飛び出して、数十メートルの間、道案内をしてくれました。

20200531

 もうすっかり田植えは終わっていました。少しでも平らな土地があれば、田を起こして稲を植える。人間の営みとはすごいものです。そこには生産効率だけで片付けてはいけない、大事な物があるような気がします。

 さて、Bさんは独居でまだ60代、この山間の集落にて車内で意識を失い、倉敷の病院に救急搬送され、病院からの依頼で私が後見人になりました。

 命を取り留め、脳機能障害は一部残りましたが、会話する能力と運動能力は十分回復しています。退院後は倉敷市内の高齢者施設に入所しましたが、彼にとっては「刑務所のような」生活でした。

 周囲は認知症の老人ばかり。タバコも吸えない、酒も飲めない。散歩も買い物も自由にできない。栄養価を計算したちゃんとした食事よりも、カップラーメンやレトルトのカレーの方が彼は好きなのです。

 他の入所者とは喧嘩するし、首を吊って死んでやると大騒ぎするし・・・、3日前は、帰れないのなら私を殺して自分も死んでやると息巻いておられました。施設はイヤ、家に帰りたい。確かに、それはわからないわけでもない。

 今日、改めてBさんを廃墟と化した家に連れて行き、電気は開通させたものの、水道管が破裂している現状を確認し、ようやく方針を決めました。

 家でもなく、施設でもなく、第三の道を探ります。明日こそはうまく行きますように。どうすべきか迷いながら、片道65キロの道を何往復もしていた私ですが、それも明日で最後にしたいものです。(桐)

 

| | コメント (0)

2020年5月30日 (土)

花と笑いのある食卓のために

 2020年5月30日(土)、おつかれさまです。

 本日、岡山県司法書士会第76回定時総会でした。採決時の出席者数は、総会員数360名中265名(本人出席23名、委任状出席242名)でした。

 いつもの3分の1から4分の1ぐらいでしょう。このご時世ですからしかたありません。

20200530

 例年4時間の会議時間を2時間に短縮し、来賓もなく、懇親会もなく、執行部の登壇者は会長のみ。会長には事業報告・決算報告から全議案の説明、質疑に対する答弁まで全部をやらせてしまい、申し訳なく思っています。

 初めてことですが、総会のライブ配信を行いました。何人の会員が見たのでしょうね。参加されたみなさん、視聴されたみなさん、おつかれさまでした。

 ただ個人的には、コロナとの共存(with coronavirus)という言葉はきらいです。コロナとは共存したくありません。「新しい生活様式」もいやです。早くこれまでどおりに戻れるようにと願っています。

 今日の晩飯はごちそうでした。いつも食べるだけの私も、今日は多少手伝ってパエリアの完成です。

20200530_20200530235601

 先月の健診の結果、肝臓の数値が悪くて再検査となったので、今月は全く酒を飲んでいなかったのですが、今日はちょっと飲みたい気分になってしまいました。 

20200530_20200530235501

 白ワインのグラス越しにピンクのガーベラがきれいです。花と笑いのある食卓がずっと続きますように。そのためにがんばっているようなもんですから。(桐)

 

 

| | コメント (0)

2020年5月29日 (金)

ミドリガメを飼いませんか?

 2020年5月29日(金)、おつかれさまです。

 昨日紹介した西山先生の「成年後見人の事件簿」にもミドリガメの話がありますが、私も全く同じ経験をしています。 

20200539

 私らの世代にはおなじみで、子どもの頃、縁日でよく売られていたやつです。

 ミドリガメ、正式にはミシシッピアカミミガメというらしいです。こいつは体調10センチぐらい。

 被後見人ママのスナックのトイレで飼われていて、片付け業者が入る前に、金魚・メダカと一緒に当事務所にやってきました。

 誰かもらってくれませんかねえ・・・。

 2015年3月までは「要注意外来生物」、現在は「生態系被害防止外来種」というのだそうですが、その辺の川に放つわけにもいかず、当事務所で寒い冬を乗り越え、現在元気に飼い主を募集中です。

 何卒、よろしくお願いいたします。

20200529

 パプリカのピクルスと、先日いただいたそらまめ。たいへん美味しゅうございました。

 ありがとうございました。(桐)

 

 

 

| | コメント (0)

2020年5月28日 (木)

司法書士西山英三郎氏に感謝

 2020年5月28日(木)、おつかれさまです。

 高梁川日記には「今週の1冊」というカテゴリーがある。元来、読書は嫌いではないので、ブログを始めた頃は月に3~4冊は読めるだろうと思っていた。

 ところが、現実はさにあらず。直近で終日仕事を休んだのは、3月22日「蒜山ログで海鮮バーベキュー」の日である。それ以来67日間連続で休みなく仕事をしている。

 当然、読書をする暇がないので、このカテゴリーの記事は極めて少ない。直近の記事は2019年1月4日で、もう1年5か月も前である。

 そんなブログ事情を察してというわけではなく、ネタ提供の意図も全くないとは思うのだが、尊敬すべき先輩司法書士より、本日一冊の本が事務所に届いた。

20200528

 「成年後見人の事件簿」(司法書士西山英三郎著)。とにかく、軽くさっと読めて、ふわっとした暖かい気持ちになれる。

 現実には四苦八苦し、ときには死ぬ思いで必死に仕事をしてきた著者の闘いの記録なのだが、それが豊かなの表現力のせいか、決して事件の重さを感じさせない。

 おそらく著者は、被後見人がどのような方であろうと、その方の人生を否定せずにあるがままに受け入れているのであろう。いわば人生肯定のエピソード集と受け止めた。

 高梁川日記への暖かいお手紙も同封されており、ありがたいことに、私も元気をいただいた。

 今、ちょうどうちの女房が読んでいるが、明日は事務所の事務員たちに回し読みしてもらおうと思う。

 文章には人を励ます力があるということを改めて教えていただきました。無理をされる御歳ではないと存じておりますが、なにより末永くご活躍いただきたいと、心よりお願い申し上げます。

 ありがとうございました。(桐)

 

| | コメント (0)

2020年5月27日 (水)

生活保護受給中のみなさまへ(お知らせ)

 2020年5月27日(水)、おつかれさまです。今日も暑かったですね。

 社会福祉事務所から被保佐人宛に手紙が届いていました。内容は次のとおり。

生活保護受給中のみなさまへ(お知らせ)

○特別定額給付金の取扱いについて

 この給付金は、「感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行う」もので、一律に一人10万円が給付されることから、収入として認定しません。

○令和2年度子育て世帯への臨時特別給付金の取扱いについて

 この給付金は、「新型コロナ感染症の影響を受けている子育て世帯を支援する観点から、児童手当を受給する世帯(0歳~中学生のいる世帯)に対し、支給する」ものであることから、収入として認定しません。

○特別定額給付金・令和2年度子育て世帯への臨時特別給付金の使い方などについて

 この給付金の使い方については、「保有の認められない物品の購入など使用目的が生活保護の趣旨目的に反する」ことのないようにしてください。

 たとえば、土地・自動車など資産の取得に使うことなどは認められません(くわしくは、地区担当者におたずねください)。

 なお、これらの給付金は、令和2年夏以降に発送する申告書で申告していただく予定です。

 収入としては認定しませんが、計画的な消費に努めてください。

 すべて至極当たり前のことが書かれています。しかし、当たり前には、「言うべき当たり前」と「言わなくてもいい当たり前」があるように思います。

 収入認定しないことは「言うべき当たり前」です。「10万円もらったら保護費が削られるから申請しない」というような誤解が生じることは避けなければなりません。

 ただ、使い方についての部分は、わざわざこんなことを書く必要があるのか疑問です。土地や自動車を購入できないのは当たり前のことで、保護受給者は普段からそう指導されています。

 「10万円で土地が買えるか!」「言われんでもわかっとるわい」「すっごく上から目線」というような声が聞こえてきそうです。少なくとも私がその立場だったら腹を立てると思います。

 「言わなくてもいい当たり前」を言うことで、自らの現状を良しとしていない人々のプライドを傷つけているのではないかと感じます。

20200527

 本日、生活保護手帳2019年版を購入しました。これまで使っていたのは2011年版で、さすがにちょっと古すぎました。

 11月まで待てば2020年版が出版されたのでしょうが、早急に理論武装しないといけない案件が2件あるので、これから勉強します。(桐)

 

 

| | コメント (0)

2020年5月26日 (火)

1500万円の過誤還付(摂津市)

 2020年5月26日(火)、おつかれさまです。 

 昨日、首都圏の1都3県と北海道の緊急事態宣言が解除されました。第2波の心配はありますが、プロ野球やJリーグも開幕が検討されているようですし、甲子園大会を何とかできないのかなと思ったりします。

 下の写真は路傍の雑草ですが、ちょうど今の時期、この花があちこちで咲いています。名前は知りません。

20200524_20200526233201

 さて、今日の話題は、摂津市の1500万円の過誤還付のニュースです。

 大阪府摂津市が事務的ミスで、60代の男性に対して住民税約1500万円を過大に還付していたことが関係者への取材で明らかになった。男性は「還付金は既に借金返済や株取引の損失補填に充ててしまったので返還できない」と説明している。市側は返還を求めて法的手段に訴える意向を示しているが、男性の代理人弁護士は「返還請求を受けた時点で使い切っていたので、返還義務はない」と主張している。(毎日新聞)

 市は、2018年7月、165万5575円を返還すべきところ、1667万5577円を還付してしまったと言います。

 男性に返還義務があるかどうかが問題ですが。

民法第703条 法律上の原因なく他人の財産又は労務によって利益を受け、そのために他人に損失を及ぼした者(以下この章において「受益者」という。)は、その利益の存する限度において、これを返還する義務を負う。

 「利益の存する限度において」ですから、普通に考えると、「残っている範囲で」ということでしょうが、摂津市は本当に法的手段に訴えるのでしょうか。(桐)

 

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

特別定額給付金と成年後見

 2020年5月25日(月)、おつかれさまです。

 同業者から赤ワインとお菓子をいただきました。いつもお心遣いありがとうございます。

20200525

 さて、成年後見等の受任件数が多いもので、「特別定額給付金」の手続でバタバタしています。

 総務省自治行政局地域政策課特別定額給付金室から全国の都道府県・指定都市・中核市の特別定額給付金担当課に向けて、令和2年5月2日付事務連絡「特別定額給付金事業における成年後見人等による申請・需給の代理に関するQ&Aについて」という文書が発出されています。

 Q&AといってもQが3問しかありません。

問1 申請・受給対象者本人(以下単に「本人」という。)が成年被後見人である場合に、本人の代理人として成年後見人が申請するときは、委任状の提出が必要か?

(答)当該代理人が、成年後見登記制度に基づく登記事項証明書(の写し)により成年後見人と確認できる場合は、委任状の提出は不要。

 こんなこと今さら聞く市町村の担当者っていますかね? 法定代理人ですからね。委任状を提出するのは委任代理人です。

 注目したいのは「登記事項証明書(の写し)」とあるってことは、コピーでもいいってことですから。郵送申請のときに原本が添付されていないなんて言わないでほしいものです。ちなみに写しに原本証明が必要だとはありません。

問2 本人が被保佐人又は被補助人である場合に、本人の代理人として保佐人又は補助人が申請するときは、委任状の提出は必要か。

(答)当該代理人が、成年後見登記制度に基づき登記事項証明書(の写し)により保佐人又は補助人と確認でき、かつ、公的給付の受領に関する代理権が付与されていることが代理権目録(の写し)により確認できる場合は、委任状の提出は不要。保佐・補助開始の申立てに関し裁判所が示している最新の書式においては、代理権の一項目として「臨時給付金その他の公的給付の受領」が示されていることから、この項目の有無によって確認可能と考えられるが、登記した時期が古い等の場合は個別判断による。

 ここがポイントですね。少し前まで「臨時給付金」なんてものは想定されていなかったので、「その他の社会保障給付の申請及び受領」という表現になっている場合が多いと思います。特別定額給付金は社会保障給付になるんでしょうか、社会保障政策ではなくて経済政策だなんて言わないでくださいね。

 うちの事務所ではとりあえず保佐でも補助でも、本人が自分ですると言わない限りは、一律に私が代理人となって申請しています。ですから代理行為目録の中身が問題にされることがあるかもしれません。そういうケースは、今後を考えて、後見にランクアップするか、代理行為目録を追加することを考えたほうがいいかもしれません。

問3 本人が成年被後見人等である場合に、市町村の判断により、申請書の送付先を成年後見人等にすることは可能か。

(答)可能である。現状、各自治体において、成年被後見人等に関する各種通知文文書を、成年後見人等に送付する取扱いを行っている場合がある。そのような場合には、関係部局で連携の上、特別定額給付金の申請書についても、同様に成年後見人等に送付することを積極的に検討いただきたい。

 でもね。被後見人等に宛てた郵送物について、すべてを後見人等に宛てて郵送することとしている市町村は少ないと思います。

 倉敷市では、送付先変更届は、介護保険課、医療給付課、国民健康保険課、資産税課など担当課ごとに提出しなければいけません。もし市民課に送付先変更届を1通出せば、市の全部局の書類が後見人宛に送ってくるようになるのなら、実にありがたいのですが。

 ですから、まず無理です。「関係部局で連携」など、行政がもっとも不得手としているところではないかと思わます。

 ということで、施設や自宅や病院に送られる申請書を、まず後見人等が入手するところから始めなければなりません。あ~しんど。(桐)

 

| | コメント (0)

2020年5月24日 (日)

清音、総社の初夏の風景

 2020年5月24日(日)、おつかれさまです。今日は暑かったです。倉敷の最高気温は29℃だったそうです。

 清音の川辺橋東詰の土手です。この上の通るたびに、いつも車を止めて写真を撮りたいと思っていました。

20200524_20200524224901

20200524

 総社市三輪と清音三因に広がる麦畑。ちょうど今、刈入れ時期です。

20200524_20200524230601

20200524_20200524230602

20200524_20200524231401

 夏空ですね。気持ちいい。(桐)

 

| | コメント (0)

2020年5月23日 (土)

電話は掛けれるが、切れない

 2020年5月23日(土)、おつかれさまです。

 備中サポートセンターは、不動産登記、商業登記、裁判業務、相続・遺言、財産管理業務、オールラウンドですが、私の担当はどうしても成年後見関係になってしまいます。

 今年は正月からバタバタバタっと7件の新規の依頼が来て、しかも全部が全部、めちゃくちゃ困難な事案。

 医療保護入院、賃貸借解除、賃貸借契約、施設入所、生活保護申請、引越し、清掃・明渡し、近隣トラブルの調整・・・、後見等の申立前にこれらを片付けないといけない。

 しかも基本的にただ働きです。後見人等選任後は、裁判所が決めた報酬を1年後にいただくことができますが、就任前にいくら労働しても、意思能力不十分なご本人からはいただきにくいし、そもそもお金がない。

 ともあれ、7人の生活の場所を用意し、今週2件の本人申立てをして、なんとか7件全部を審理に乗せることができました、1件は確定して、1件は確定待ち、あと5件は調査待ちです。

 なんでこういうことを書くかというと、成年後見人は金持ちの高齢者の財産を管理するだけで毎月何万円もの報酬をとる悪いやつというイメージが一部であるんですね。でもそうじゃないんですよと、声を大にして言いたいわけです。

 たとえば今日の話ですが、被補助人から電話があって「電力会社から請求書が来たけど、なんで引落しができてないの?」と聞かれ、「調べて折り返すから、いったん切ります」と切ってしまったのがまずかった。

 何度かけ直しても話し中。そうだ、この人、電話は掛けれるけど、切ることができないんだ。事務所の電話回線がKDDIなんで、NTTの114は使えない。ネットで0120の何番かにかけるといいとあったのでかけてみたら、土日はお休み。

 しかたないから片道12キロの隣の市のご自宅まで行き、まず電話が切れていないことを説明します。親機は受話器を置いて切るけど、子機を使うときは、切るボタンを押さないからずっと話し中になってしまうわけです。

 次に、電力会社に電話して電力料金が口座から落ちなかった事情を確認したところ、「先ほどご本人からお電話をいただいて、ご説明したんですが、ご理解いただけないようでこちらでも困っていたんです」。ということで、請求書を持ち帰ってコンビニ払い。

 もう一つ、これも今日の話ですが、被保佐人が大きな冷蔵庫を買ってしまって・・・。田舎ではよくあるお米を貯蔵する冷蔵庫です。

 おばあちゃん、田んぼは去年売ってしまったのよ。それは知っているでしょ。だからお米はもう作らないから、冷蔵庫はいらないよね。かといって、近所の電器屋さんがメーカーから取り寄せて設置してくれているのを、今さら取消しっていうわけにも・・・・。

 こういうのが成年後見業務の現実だと、私は思うわけです。決して楽して儲かる仕事ではありません。 

20200523eos6

 ところで、話は全く変わりますが、新しいカメラです。といっても古いモデルの展示品限りの処分品です。EOS6D いわゆる型落ちですね。ただフルサイズのカメラが1台欲しかったのでついつい。

 私のカメラ歴は、フィルムカメラの時代は、ミノルタα3000 → キャノンプログラムAE1(中古) → EOS10 → EOSRT(中古)、子どもができてからデジカメになって、EOSKiss → EOS70D → EOS7D(中古) →そしてこの EOS6D です。

 カメラ1台もって1日中ぶらぶら歩きたいものです。今は、ゴミ屋敷の撮影が多いですが・・・。(桐)

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年5月22日 (金)

公嘱協会支部総会

 2020年5月22日(土)、おつかれさまです。

 黒川検事長は訓戒処分で退職金7000万円、法務大臣は慰留され、総理は「責任はある」と言いながら責任をとらない。

 我々庶民は、10万円の「特別定額給付金」の申請に必死です。

 今日、倉敷市でも、いくつかの施設から「特別定額給付金」の申請書が届いたと連絡があり、回収に回りました。

 申請書の書式は、岡山市のそれと全く同一でした。総社市だけ、オリジナルなのかな?

 突然の電話で、昨日に続いて、今日も被保佐人の入院手続。5月は不思議なくらい、精神的に不安定になる人が多いです。

 今日は25℃越えの夏日。暑くなったと思うと、少し寒い日もあるし、昔から季節の変わり目は体調を崩しやすいと言いますが、自分も今週はしんどいです。

 16時から岡山県公共嘱託登記司法書士協会倉敷支部の総会でした。西日本豪雨の処理もあり、倉敷支部の受注は順調です。

 このご時世なので、懇親会なしで持ち帰りお弁当。

20200522

 晩御飯に家族でいただきました。ごちそうさまでした。とりとめもない業務日誌でした。(桐)

 

| | コメント (0)

2020年5月21日 (木)

ちょっと遅い 職権登記

 2020年5月21日(木)、おつかれさまです。

 大阪府、京都府、兵庫県で緊急事態宣言が解除されました。他方で夏の甲子園大会は中止です。なんとかならんのか!と思います。

 さて、法務局から「通知書」が届きました。「通知書」の文面は、

 平成30年7月の豪雨により被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。

 下記の建物について、登記官の職権により滅失の登記をしましたので通知します(不動産登記規則(平成17年法務省令第18号)第183条第1項第1号)

 建物の表示 

 所  在  (省略)

 家屋番号  (省略)

 登記原因及びその日付 平成30年7月豪雨災害により令和元年9月19日取壊し

 登記の日付 令和2年5月7日

 真備町の被災建物の滅失登記ができたよ、というお知らせですね。

 訳あり物件だったので、公費解体まで1年以上もかかってしまったのですが、言いたいのはそういうことではなくて、9月19日取壊しで5月7日登記というのは・・・・ちょっと遅すぎない? ってことです。

 同封されていた「法務局のお知らせ」には、不動産登記法(平成16年法律第123号)で、建物が滅失したときは、当該建物の所有者は、1か月以内にその滅失の登記を申請しなければならないと規定されています(同法第57条)」と書かれています。

 もちろん申請と職権が違うことは承知していますが、でも申請は1か月以内にと義務化されているのに、職権では10か月近くかかるというのには少々違和感を感じます。

 言い方を変えると、お役所は、法律では1か月以内と決まっているけど、いつでもいいんだよ、と考えているように受け止められます。

 家を建てても住宅ローンを借りていなければ登記をしない、登記がある家を倒しても滅失登記をしない、それが当たり前のようになっています。法律で決まっていても、ほとんどの人が知らないし、知っていても罰を受けることはないから守らなくてもいいという風潮があります。

 当たり前のことですが、法律に書いてあることは守る、それが大事ではないでしょうか。

 先日、昭和30年代に曳家されたと思われる建物の表題部だけの登記が、曳家前の土地上に残っており、表題部所有者の相続人からの申請で所有権保存登記を入れてしまいました。

 情けないことに、曳家後の土地上に登記されていた同建物の被相続人名義を残してしまいました。当職のミスです。物の確認をしっかりしていなかったことを反省しております。

 ないはずの建物が登記上はいっぱい残っている現状をなんとかしたいものです。(桐)

 

 

| | コメント (0)

2020年5月20日 (水)

特別定額給付金申請書

 2020年5月20日(水)、おつかれさまです。今日はもう1本。

 本日、総社市の「特別給付金申請書」が郵送で届きました。岡山市は一昨日辺りに届いていて、倉敷市はまだです。

 岡山市と総社市の申請書の書式を比べてみましたが、全然違うんですね。

 岡山市は表面に全部の記載欄がありますが、総社市は裏面に口座を記載するようになっています。

 岡山市は辞退者について「朱色で取り消し線を引いてください」とありますが、総社市は名前の横にチェック欄があります。

 こういう違いを見ていると、決めるのは国で、やるのは市町村、国は申請書様式の基準さえ示していないのかなと思いました。

 市町村職員のみなさん、マイナンバーのこともありますが、担当の方は本当にたいへんだと思います。おつかれさまです。

 さて、今日、私が申請書を書いたのは総社市の3人分。内訳は、被後見人、被保佐人、任意に財産管理をしている身体障害者の方です。

(1)被後見人の氏名が印字されていたので、続けて成年後見人○○と記入し、私の印を押しました。被保佐人の場合も同様に□□保佐人○○で申請しました。被後見人本人の印鑑は押しません。任意に財産管理をしている方の場合は、本人の印鑑を押印しました。

(2)後見登記の登記事項証明書の写しを同封しました。保佐の場合は代理行為目録があるのでけっこうな量になります。倉敷市はお得意ですが写しに「原本証明がない」とか言わないでくださいね。この件の申請が「保佐の代理行為目録にない」とか言うのも禁止ですよ。

(3)本人確認書類は、代理人である自分のはもちろん、念のためにご本人の本人確認書類の写しも入れておきました。あくまで念のためです。

 以上が書類を書くときにちょっと気になったところです。後見人がついている場合の説明なんてどこにもないですから。

 これから倉敷市の分が来るんでしょうが、60通以上書かないといけないので、2日ぐらいかかるかもしれません。がんばりましょう。

20200520

 写真は、昨日、高梁市でのケア会議に参加して、被後見人のおっちゃんと一緒に食べた広島風お好み焼きです。

 高梁駅前のアーケード街の北の端にある「大ちゃん」というお店です。玉子に包まれたエビとイカがぷりっとしていて美味しかったです。

 ごちそうさまでした。(桐)

 

| | コメント (0)

甲子園大会中止に思う

 2020年5月20日(水)、おつかれさまです。

 日本高野連の理事会で夏の甲子園大会中止が決定されました。記者発表を聴いて思ったのは、やれない理由をいくら並べても全く心に響かないということ。

 それよりもどうやったらできるか、どこまでならできるのか、前向きな議論があったのか、開催規模の縮小やルールの変更など、どういう意見が会ったのかを知りたいところです。

 正直、無観客でイニングを減らして複数試合を組んで、地方大会なら工夫すればなんとかなるんじゃないかと思ったりします。勝ち負けをつけることが大事な気がします。

 ドイツではブンデスリーガが再開されました。驚いたのは、選手とスタッフに週2回のPCR検査が義務付けられているということ。30ぐらいの点検項目があるのだとか。

 開催をするために厳しい基準を設けているし、何よりPCR検査を同じ人に週2回もやるということが全く日本と違います。

 試合にエントリーする高校球児全員にPCR検査を受けさせることは不可能なのでしょうか。もうだいぶ前に1日2万件できると言ってましたよね。陰性の球児だけで試合をすれば問題ないような気がするのですが・・・・。

 インターハイがなくなって高校野球が特別扱いというのは難しいかもしれませんが、逆に高校野球が突破口にならなければ全部のスポーツができないという結論になりそうです。

 韓国も台湾もドイツもやっているのですから、何とか前向きにこうやればできるという意見を聴きたいものです。(桐)

 

 

 

| | コメント (0)

2020年5月19日 (火)

元特捜部長ら38人の意見書

 2020年5月19日(火)、おつかれさまです。

 ロッキード事件の捜査に従事した松尾元検事総長らが15日に意見書を提出したのに続き、18日、リクルート事件やゼネコン汚職などの捜査に当たった熊崎勝彦元特捜部長ら38人が森雅子法相宛に意見書を提出しました。

 その要旨が今朝の山陽新聞に掲載されていました。

 私たちは、東京地検特捜部で仕事をした検事として、検察庁法改正案の性急な審議により、検察の独立性・政治的中立性と検察に対する国民の信頼が損なわれかねないと、深く憂慮しています。

 検察官は、内閣または法務大臣により任命されますが、任命に当たって検察の意見を尊重する人事慣行と任命後の法的な身分保障により、長年、民主的統制の下で、その独立性・政治的中立性が確保されてきました。

 検察庁法改正案のうち幹部警察官の定年および役職定年の延長規定は、これまで任命時に限られていた政治の関与を任期終了時にまで拡大するものです。民主的統制と検察の独立性・政治的中立性確保のバランスを大きく変動させかねないものであり、検察権行使に政治的な影響が及ぶことが強く懸念されます。

 これまで、幹部検察官の定年延長の必要性が顕在化した例は一度もありません。国会でも具体的な法改正の必要性は明らかにされていません。法制化は、考え直していただきたく存じます。

 先般の東京高検検事長の定年延長によって、検察現場に無用な萎縮を招き、検察権行使に政治的影響が及ぶのでははないか等、検察の独立性・政治的中立性に係る国民の懸念が高まっています。

 検察は、現場を中心とする組織であり、法と証拠に基づき堅実に職務を遂行する有為の人材に支えられています。万一、幹部検察官人事に政治的関与が強まったとしても、少々のことで検察権行使に大きく影響することはないと、後輩を信じています。しかし、事柄の重要性に思いを致すとき、将来に禍根を残しかねない今回の改正を看過できないと考え、あえて声を上げることとしました。

 何度読み返しても納得です。「独立性・政治的中立性」の反対が「忖度」です。

 また、秋に焦点化することが予想されるので、この意見書を記録しておきたいと思い、掲載しました。

 話は全く変わりますが、またまた韓国直輸入のキムチをいただきました。

20200519

202005192

 たいへん美味しゅうございました。いつもありがとうございます。

 韓国でも政権と検察の関係が問題になることが多いのですが、この意見書を読む限り、日本の検察機構は本当に「有為な人材に支えられている」のだと感じます。ありがとうございました。(桐)

 

| | コメント (0)

2020年5月18日 (月)

1日2件の保護申請と携帯契約

 2020年5月18日(月)、おつかれさまです。

 検察庁法改正案は今国会では成立断念だそうです。秋の臨時国会で再提出するのでしょうが、「基準」がありさえすればいいってもんじゃないですよね。検察庁幹部の人事が他の国家公務員と同じでよいのかどうか、そこの議論が重要だと思います。

 さて、今日は単なる業務日誌です。

 7時40分 出勤

 8時40分 高梁市役所で生活保護申請

 11時20分 倉敷市役所で生活保護申請

 12時20分 被後見人を同行して携帯ショップで契約

 13時40分 被補助人を別の携帯ショップに同行して契約

 15時30分 入院患者の一時帰宅に立会い

 16時40分 物件が特定しづらい相続登記の相談

 17時20分 死亡した被後見人の遺産の引渡し

 18時~  裁判所提出書類のチェック

      不動産屋からの地役権についての相談対応

 20時~ 業務記録、翌日の段取り、何本かの電話連絡

 21時  退勤

 1日2件の生活保護申請というのも珍しいが、1日2件の携帯電話契約というのも珍しい。在宅の方にはこちらからの連絡手段がほしいところです。

 が、しかし、車で片道50分もかけて、1円の売上にもならない仕事に行くのは・・・・ちょっと・・・つらい。

 それがずっと続くと、補助者に給料を払えなくなるんじゃないかと考えてしまう。これは、かなり・・・つらい。

 うん、かなりつらいが、成年後見とはこういうものだと思うのです。

 「成年後見人ってお金がある人について財産の何%かをとるんでしょ」と言ったお医者さんがいたのですが、それは違います。

 今月から来月にかけて、申立中の6人の方の後見人等に就任する予定ですが、うち5人の方が現在生活保護受給中もしくは就任後に保護申請するパターンです。

 身寄りのない高齢者の貧困問題、成年後見の専門職に頼らなくても、もっと簡単に助けてあげられる簡易な制度があってもいいと思います。

20200518

 気分転換にきれいな花をアップします。

 あっ、明日も片道50分かけて1円にもならない高梁遠征です。(桐)

 

 

 

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

薬がフィット

 2020年5月17日(日)、おつかれさまです。

 今年に入ってから準備してきた保佐開始申立書を本日2件作成。最初の相談は12月、医療保護入院、生活保護申請、施設入所、賃貸借契約の解除、部屋の片付け、明け渡し等々、申立てをするまでにほぼ全力を使い尽くした感じです。

 さて、昨日の続きです。医療保護入院の際には医師から散々なことを言われたのですが、先日の退院支援委員会で本人と会って驚きました。完全に妄想が消えて正常になっています。

 病気のタイプによるのでしょうが、薬がフィットするとほんとによくなるんですね。ありがとうございました。(桐)

 

 

| | コメント (0)

2020年5月16日 (土)

病院の事情と任意代理

 2020年5月16日(土)、おつかれさまです。昨晩は大雨で、今日も一日曇り空でしたが、まだ梅雨じゃないですよね。

20200516

 ばあちゃんのくれたエンドウ豆とほうれん草が色鮮やかです。新鮮だと調味料なしでも自然の甘さがあります。

20200516_20200517005901

 昨日のブログ写真のスナップエンドウと玉葱は、唐揚げの付け合わせになりました。これも美味しいです。

 筍はそろそろ終わりで、今はエンドウが旬です。次は、トマト、ナス、キュウリでしょうね。

 さて、今週の反省です。

 私は非常に短気な性格でして、「瞬間湯沸かし器」と言っても過言ではありません。怒りの相手方の多くは、医者か、金融機関か、小役人(失礼な表現ですね)ですが、今週、医者に感心した話を二つ。

(1)身体障害者Aさんの件

 任意に財産管理を任されているAさんが救急病院からリハビリ病院に転院することになり、転院先の病院に手続に赴いたところ、最初に院長から話がありますと言われました。

 院長が入室し、病状説明の後、「退院後に安易に施設入所は困る、なんでもかんでも施設に入れてくれと言う後見人が多すぎる」というようなことを言われて、速攻カチンと来ました。

 本人の状況を見たら施設でしょ。今は状態が悪いから病院だけど、自宅じゃもう無理だから施設につなぐためにこの病院にお願いしたんですよ。実際、家に帰ってはすぐに救急車で運ばれ、1か月の間に3回も入退院を繰り返しているんですから。

 一瞬燃えた私に対して、院長先生は「後見人ではないと聞きましたが・・・」。

 その話は必ず出ると思っていたので、持参した公正証書を広げて、「判断能力が十分にありながら意思表示に一定の障害を持つ方のための制度がないので、契約自由の原則に基づき契約を締結してお世話をしています。身元引受人にもなりますし、死後の事務もします」。

 と説明したところ、院長先生、興味を示し、突っ込んでいろいろ聞いて来られました。そりゃそうでしょ、病院には身寄りのない入院患者がいっぱいいますから。成年後見制度と任意代理の違いや報酬の決め方など、話は多岐にわたりました。

 そして、院長が「こちら側の話ですが」と断って切り出したのは、病院は厚労省の基準でポイント制になっていて、リハビリ病院は自宅に返してなんぼと評価される、しかもどれだけの日数で返したかで評価が違う、だから自宅復帰を目標にリハビリをして自宅に返さなきゃいけないという話。

 なんだ患者の為じゃなくて病院経営の為かと思ったりするのですが、逆にこんなふうに本音で言ってくれたほうがわかりやすい。しっかりリハビリしていったん自宅に戻った後に、どういう施設がいいか病院の方でも相談に乗ってくれそうです。

 最初にカチンときたことは反省ですが、病院の院長と司法書士が業界の事情や制度の話をするってことがまずないですから、先方も「いい勉強になりました」と言ってくれてありがたかったです。

 二つの話を書くつもりでしたが、時間がないので、続きはまた明日。(桐)

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年5月15日 (金)

検察庁法改正、脈絡もなく玉葱、お菓子

 2020年5月15日(金)、おつかれさまです。

 松尾邦弘元検事総長、清水勇男元最高検検事、堀田力元法務省官房長ら検察OBが検察庁法改正案に反対の意見書を法務省に提出したそうです。そりゃそうです。きゃりーぱみゅぱみゅら芸能人も大勢反対しているけど・・・私も反対です。

 偏りがちなネット投票でも90%以上が反対というのは珍しい。コロナでみんな大変なときに、これだけ反対があっても通そうとするのは、河合克行・杏里夫妻以上に表に出てはいけない何かがあるのではないか。

 政権末期の安倍政権の置き土産として、どうしても通しておかなければならない事情があるのではないか。だって、普通に考えたら、公務員の定年延長なんですから、強行しなきゃいけないような理由があるとは思えない。野党の修正に応じても何の問題もないのに。

 何の脈絡もなく、話が変わりますが、

 20200515

 債務整理を受任して、大きな玉葱とスナップエンドウをいただきました。この玉葱の大きさが伝わるでしょうか。こんなでかいのは初めて見ました。

20200515_20200516011601

 先日の相談のときに、お菓子をいただいたばかりですが、度々お気を使っていただいてありがとうございます。

 借金の原因はコロナとは関係ありませんが、コロナの影響で収入が減って返済資金が苦しくなっている方々が増えているのは事実です。

 困っているみなさんが、一日も早く職場に戻れますように願っております。(桐)

 

 

| | コメント (0)

2020年5月14日 (木)

無題

 2020年5月14日(木)、おつかれさまです。

 朝一、8時30分に年金事務所に行ったら、同業者に会いました。隣のブースで成年後見関係の送付先変更の手続をされていたようで、私は被保佐人の老齢厚生年金の請求をしていたのですが、法務局ではなく年金事務所で同業者と会えるようになるのはうれしい限りです。

 さて、新型コロナウィルス感染症対策で10万円の給付が始まっていますが、私の依頼人たちの10万円への期待はかなり高いものがあります。ほとんどの方が、もう使い道が決まっているようです。中にはこれで備中サポートセンターに費用報酬が払えるという方も・・・。

 ちょうどこのタイミングでこの種の相談が来るとは思いませんでした。勉強しなくちゃ。(桐)

 https://www.soumu.go.jp/main_content/000684584.pdf

| | コメント (0)

2020年5月13日 (水)

麺や廣

 2020年5月13日(水)、おつかれさまです。

 夏になると通いたくなるラーメン屋さんが、玉島にあります。私は、この店の冷やし担々麺の中毒患者です。そろそろ始まっているかな? 行ってみたのですが、まだ夏メニューは出ていなくて。

20200513

 担々麺一辛(通常の熱いやつ)をいただきました。美味しゅうございました。

 実は店に入る前に迷いました。入口に「心を込めて準備中」の大きな看板が・・・・。

20200513_20200513223601

 やってないのかなと迷いながら店内を覗くと、お客さんの数はいつもの3分の1ぐらいでしょうか。コロナ前は、通常順番待ちができる人気店なんですが。

 なるほど、この看板は、密にならないための対策だったんですね。飲食店はたいへんだなと改めて思った次第です。今年の夏もまた、冷やし担々麺をいただきに通うと思いますので、よろしくお願いいたします。(桐)

 

 

 

| | コメント (0)

2020年5月12日 (火)

裁判所は早く通常業務に

 2020年5月12日(火)、おつかれさまです。

 今日は高梁市と真庭市の中間地点で、被後見人の自宅の片付け作業。お手伝いくださいました事務所のみなさん、中高生諸君、ありがとうございました。肉体労働で年寄りは疲れ果てました。

 ところで、自粛していた裁判所が、今週からようやく動き始めたようです。

(1)4月13日の週に訴状を出していた訴訟の期日打合せがようやくありました。

(2)同じ週に出していた報酬付与審判申立2件のうち、1件の審判がようやく出ました。その前の週に出した7件はすべて翌日か、3日以内に審判が出たのに、4月13日以降はほぼ1か月かかっています。

(3)同じ週に調査期日があった補助開始の審判はまだ出ません。

 後見等の申立てはその必要があるからこそ申し立てているわけで、待たされる時間が長くなればなるほど、法律上の権限がないにもかかわらず「後見人就任予定です」とか言いながらあちこちで契約の代行をやる行為が増えて行きます。

 賃貸住宅の契約だったり、病院への入院だったり、施設への入所だったり、賃貸物件の明渡しもやっちゃいました。これらの仕事は、後見人等に就任していなければ、たぶんボランティアなんでしょうね。

 裁判所は、早く通常業務にもどってほしいです。困っている人がいっぱいいます。(桐)

 

| | コメント (0)

2020年5月11日 (月)

西条の麺空海

 2020年5月11日(月)、おつかれさまです。

 週初めですが、週末のような疲れ具合です。東広島市西条から広島市内、そして安芸高田と回って、ようやく11人の相続人の署名押印がそろいました。走行距離は300キロ以上、肩がバリバリ、右腕はビリビリ、目はショボショボ。もう年齢ですな。

 西条は過去2回、2015年10月と2017年10月に司法書士仲間で行きました。もちろん酒祭りです。いいお祭りですよねえ。楽しいです。今年は大丈夫なのかなあ?

 ところで、以前来たときにお店の前を通って気になっていたのですが、西条インターから市街地に向かう途中にあるこのお店、「元気を出せ!」ってフレーズが看板とか建物の壁とかにやたら殴り書きしてあります。

 事前情報は何もなしで、雰囲気だけで飛び込みました。「麺空海」さんです。メニューはよくわからないので、一番人気と書いてある「大将らーめん」(880円)をいただきました。

20200511

 スープを1口すすって「こりゃ、つええわ」、黒胡椒がガツンときます。2口すすって若干の後悔、なぜならニンニク味がハンパない。今日は広島まで仕事に来たのに・・・。

 後悔先に立たず、されどすぐに「ええい、どうでもいいわい」と開き直り、パンチの効いた醤油味ラーメンを美味しくいただきました。最後は汁もけっこう掬って飲んじゃいました。ごちそうさまでした。元気が出たワイ!

 小生、書類に署名押印をいただくためだけに、神出鬼没、どこでも行きます。この季節は、山間の川沿いの道を走るのが気持ちいいです。芸備線の2両編成と追いかけっこしながら、楽しい旅でした。

 しかし、疲れたあ・・・齢ですわ。(桐)

 

 

 

| | コメント (0)

2020年5月10日 (日)

母の日

 2020年5月10日(日)、おつかれさまです。

20200509_20200510225601

 母の日です。(桐)

 

| | コメント (0)

2020年5月 9日 (土)

超速入所と韓国キムチ

 2020年5月9日(土)、おつかれさまです。ここのところハードな毎日が続きます。

 7日(木)には、私が後見人になる予定のAさんの退所と退院、別の施設への入所の段取りをして、一気に軽トラで引越し荷物の運搬までしました。施設の方から「こんなたいへんなケースも珍しいでしょう」と言われましたが、正直、うちの案件の中ではさほど困難事案ではありません。

 それより、その日の朝、被保佐人Bさんを急遽入所させることになり、引越し荷物を運びながら携帯のやりとりで入所施設を選定し段取りするのがたいへんでした。しかも、もう一人、任意代理で財産管理をしているCさんの転院先の段取りも同時並行です。

 建築関係の仕事なんかもそうかもしれませんが、一つしかない体は一か所で作業をしていて、頭はほかの現場のことを考えて指示を出さなきゃいけない、こういうのがたいへんですよね。

 翌8日(金)は、被後見人Dさんの居住用財産売却の決済を30分ほどで中座して、被保佐人Bさんを迎えに行き無事施設へお連れしました。入院ならともかく昨日入所方針を決めて、今日で即入所断行という「超速入所」は初めてです。

20200509

 被保佐人Bさんをお世話してくれていた友人の方から山桜桃をいただきました。ありがとうございます。サクランボって言ってたけど山桜桃ですよね。たぶんそうだと思うんだけどなあ。

20200509_20200510001001

 さらに、とっても美味しい白菜キムチもいただきました。本場韓国では新型コロナが落ち着いて航空便が再開したようで、オモニが漬けたキムチの直送です。白菜のシャキシャキ感は、日本のスーパーで売っている物とは全く別の食感です。

 ともあれ、私の中ではかなりの困難事案と思われていたBさんの案件が、施設入所により次のステージに進みました。ひとまずは良かったです。関係各方面に感謝、感謝。(桐)

 

| | コメント (0)

2020年5月 8日 (金)

久々にふくいちのもりそば

 2020年5月8日(金)、おつかれさまです。

 私はゴールデンウイークに1日も休みらしい休みがなかったので、ちょっと疲れ気味ですが・・・・、気分転換に美味しいお蕎麦の紹介です。

202005081

 ちょっと時間がかかります。その間、蕎麦茶と蕎麦豆腐をいただきます。

202005082

 天ぷらの盛り合わせ。全部美味しいですが、この季節は筍が特に美味。でも、私はフキの天ぷらが好きです。202005083

 待ちに待ったもりそばです。わさびではなく辛めの大根おろしとネギでいただきます。うん、上品です。

 最後に、蕎麦湯をいただきますが、私はこの店で初めて蕎麦湯のおいしさを知りました。

 あっ、お店の名前は、倉敷市藤戸のふくいちさんです。しめて1420円のお昼ご飯でした。ごちそうさまでした。(桐)

 

| | コメント (0)

2020年5月 7日 (木)

無題

 2020年5月7日(木)、おつかれさまです。

 東京都の新規陽性患者数は23人で順調に減っているようですが、検査人数はそれ以上に順調?に減っています。マスク不足も一向に解消しないし、この国の政治がやっていることは、国民に自粛を求めることだけ?

 連休明けの今日は、朝7時20分に出勤して、退勤時刻は21時。昼食をとる余裕もなくずっと外回りでした。明日も同じような日程になります。がんばります。

 疲れています。明日はもう少しまともなことが書けますように。(桐)

 

| | コメント (0)

2020年5月 6日 (水)

山桜桃

 2020年5月6日(水)、おつかれさまです。連休も今日で最後ですね。といっても、私は休みなしでダラダラと仕事していましたが・・・。

 高梁川日記はずっと東京都の1日の感染者数を書いてきました。今日の陽性患者は38人でした。検査実施件数と検査実施人数は1日遅れで発表されるのですが、5月5日は件数で151件、人数でなんと109人です。

 医療機関が保険適用で行った検査数は、検査件数の方では毎週金曜日に数字に反映させていて、検査人数の方では全く反映させていません。陽性患者数の方は、当然保険適用の検査によって陽性とされた件数も含んでいます。ですから検査数と陽性患者数の比率が全くわかりません。

 これでは、日々の感染者数(陽性患者数)の数字に統計的な意味がありません。外形的には、東京都は検査数を増やさないという方針のように見えます。なぜなのでしょうか。

 ところで、またご近所からいただきました。ありがとうございます。 

20200506

 これはサクランボじゃなくて山桜桃(ゆすらうめ)ですよね、たぶん。

 他のお宅ではサクランボがいっぱいなるのに、なんで我が家では実がならないのかと疑問に思っていましたが、他のお宅のは山桜桃なんですよね、たぶん。

 花をつける時期がご近所とは全然違っていて、たぶんうちだけサクランボで花が遅いんです。それで花粉が飛んでこなくて受粉できないんでしょうね。

 ともあれ美味しい。ありがとうございました。(桐)

 

| | コメント (0)

2020年5月 5日 (火)

自粛で こどもの日パーティ

 2020年5月5日(火)、こどもの日、おつかれさまです。

 東京都の新規陽性患者数は、3日91人、4日87人、5日58人と3日連続2桁ですが、検査実施件数は1日500件余りと全く数字が上がってきません。ずいぶん前からみんな言っているのに不思議です。

 さて、このご時世ですけど、今日は端午の節句です。なんとか楽しくやりましょうよということで。

 中学生の息子が作った兜型春巻、中身はチーズとベーコンです。めっちゃうまい!

20200505

 高校生の娘が作った鯉幟ケーキ。中にはスポンジケーキと生クリームとバナナとチェコが幾層にも重なって・・・これもうまい!

20200505_20200505225801

 ちなみに今日買ったばかりの CANON EFS24mm で撮影しました。カメラは EOS 7D です

 ほんとはフルサイズのカメラが欲しいのですが、最近のミラーレスは高いので手が出ません。

 ある家電量販店で、EOS 6D EF24-105mm付が展示品限りで税抜10万を切る価格だったのですが、レンズはいらないので本体だけ売ってもらえないかと交渉したけれどダメでした。

 それで24mmの安いレンズを買いました。室内で撮るには、単焦点の明るいレンズがいいと思って。(桐)

 

 

| | コメント (0)

2020年5月 4日 (月)

介護保険料の時効、償還払い、給付減額

 2020年5月4日(月)、おつかれさまです。

 カレンダーを見ると「みどりの日」ですが、なんで「みどりの日」かというと、わかりません。そこで、ネットで調べてみたけど、うーん、「ちょっと何言っているかわかんない。」(サンド風)です。

 4月29日だった「みどりの日」(昭和天皇の誕生日)を5月4日に移動して、4月29日は「昭和の日」という新しい祝日にして、休みを増やしたいから増やしたってだけで、「みどり」には何の根拠もないということでいいですよね。

 時の政府が人気取りのためにGW中の3~5日を3連休にしたかったのだと推察しますが、だったら「みどりの日」より「黄金の日」でいいんじゃない。法律の改正にまともな理由なんかいらないということでしょうから。

 さて、前置きが長くなりましたが、備忘録として「介護保険料の時効、償還払い、給付減額」について書きます。

介護保険法第200条第1項

 保険料、納付金その他この法律の規定による徴収金を徴収し、又はその還付を受ける権利及び保険給付を受ける権利は、二年を経過したときは、時効により消滅する。

 ということで、介護保険料の保険料は納期限から2年間で消滅時効にかかります。民事債権は時効の援用という意思表示が必要ですが、行政上の債権については援用は必要ありません。税債権の時効は5年ですが、介護保険料は2年なので注意が必要です。

 ところで、「償還払い」というシステムがあります。介護保険サービスを利用したときに、利用者がいったん費用全額を事業者に支払い、その後に市町村に申請することで本来の自己負担分を除いた既払い金(7~9割)が戻ってくる制度です。

 介護保険料を一定期間滞納している場合、いわゆる滞納処分として償還払いが適用されることがあります。

 市町村から「介護保険給付の支払方法変更(償還払い化)予告通知書」が送付さえ、滞納が解消されなければ1か月も経たないうちに「介護保険給付の支払方法変更(償還払い化)」(予告じゃない)が送付されます。

 わかりやすく言えば、「保険料の滞納があるから、介護保険のサービスを使うときは、いったん費用全額を払ってね」ということです。ただし、二度目の通知には「介護保険給付額減額通知書」というものも同封されています。

 減額通知の文面の一部はこんな感じです。

あなたの介護保険料は別紙のとおり未納となっておりますが、すでに保険料を徴収する権利が時効によって消滅しているため、遡って納めていただくことができません。保険料未納の方に対し、通常の保険給付を行うことは、被保険者間の公平を損なうことから、介護保険法第69条第1項の規定により、下記期間については介護給付等(省略)の減額及び高額介護サービス費及び高額居宅支援サービス費の支給を行わないことに決定しましたので通知します。

 私が先日後見人に就任した方の場合、9年間で244,310円の滞納金額で、今後3年2月の間、保険料率を70/100に変更すると書かれていました。本人収入はほとんどゼロで、家族の援助で生きていくしかない方ですが、この減額決定によりいったん全額払いで、戻ってきても自己負担が3割となってしまいました。これはもう無茶です。二重の処分です。

 費用負担する家族の立場に立ってみれば、滞納保険料244,310円を一括で払って、1割負担で介護を受けさせたいところです。3割負担が3年間続くと数百万円の負担増になるのは確実です。

 そもそも本人の判断能力に問題があるから保険料を納めず、9年間放置状態であったわけで、ようやく後見人が選任されて、家族とのつながりも取り戻せて、これからサービスを受けようというときに、この仕打ちは残酷です。

 「予告通知書」が送られてきても、時効だから納付できないという言うんじゃ、そもそも予告通知の意味がない。保険料率を下げて自己負担分を増やすという処分行為は、実質的は時効消滅した保険料の回収ではないか。「保険料を徴収する権利が時効によって消滅している」ことはそうですが、非債弁済として受け取ってもいいんじゃないか。時効の利益の放棄という考え方もある。

 ということで、政策要望ですが、時効消滅した介護保険料を納付できる制度を検討してもらいたい。ご本人に様々なトラブルがあり、自身を保護できないからこそ成年後見人が選任されます。後見開始前の本人の不作為に対して、行政が懲罰的な杓子定規的対応をとることには疑問を感じざるをえません。

 通達1本で変更できるような気がしますが、もし無理なら法改正も検討すべき事案だと思います。(桐)

 

| | コメント (0)

2020年5月 3日 (日)

不要不急ではないので

 2020年5月3日(日)、おつかれさまです。

 今日の東京都の陽性患者数は91人でした。感染者数が実態を示していないことが明らかになって、東京都は「感染者」という言葉を使うのをやめて「陽性患者」に変えたようです。

 それにしても神戸市立医療センター中央市民病院に抗体調査の結果は衝撃的です。4月上旬で外来患者1000人のうち33人が抗体が持っていたとのこと。

 神戸市民の約1万1千人が感染していた計算になり、結果発表時点で神戸市が感染者としていた260人とは約40倍の違いがあることになります。実際の感染者数は、都道府県が公表している感染者数の数十倍、どうやらそれが現実のようです。

 さて、不要不急の外出の自粛が求められている中、昨日は急遽、岡山、倉敷、広島を回ってきました。遺産分割協議書に署名押印をいただくためで、広島県では、東広島市、海田町、広島市南区、府中町を車で回って帰ってきました。不要不急ではないので。

 県外ナンバーだと何か言われるんじゃないかとか、高速のインターで止められたりするんじゃないかとか、ついついいらん心配をしてしまいますね。

 いつもなら、せっかく広島に行くんだからお好み焼きを食べようかと思ったりするんですが、そんな気分にはなれません、飲食店も自粛しているところが多いし、お会いする方々に署名押印と印鑑証明書をいただいて、さっさと帰りました。車の運転時間は1日5時間ぐらいでしょうか。しょうがないですね。

 路傍の花がとてもきれいで写真を撮りました。

20200503

 この花の視線の先には、お地蔵さんが鎮座しておられました。

20200503_20200504021901

 昨日はこんなにいい天気だったのに、今日は1日雨でした。不要不急の外出はせずに、事務所には出勤して、ずっと破産関係の書類を作っていました。電話がかかってこないこういう時期でないとなかなか集中して書類が作れません。おつかれさまでした。(桐)

 

 

 

| | コメント (0)

緊急事態条項云々の前に

 2020年5月3日(日)、憲法記念日です。おつかれさまです。

 1947年のこの日、現在の日本国憲法が施行されました。公布されたのは1946年11月3日、こちらは文化の日です。もっとも11月3日は明治天皇の誕生日で、現憲法の公布以前から「明治節」として祝日でした。こういう雑学も年に1回はおさらいしておかないと、忘れてしまいますね。

 今日、安倍首相は、改憲を目指す民間団体のオンライン集会「憲法フォーラム」に出席して、コロナで緊急事態宣言が出されていることを踏まえて、緊急事態条項について憲法に盛り込むことを国会で議論すべきだと訴えたそうです。

 本当に改憲を目指すのであれば、特定の団体に向けてではなく、全国民に対して訴えるべきだと思いますが、国民向けに語らないということはもうあきらめているのかもしれませんね。コロナ対策でそれどころじゃないですからね。

 憲法に緊急事態条項がなくても、特措法に基づいて緊急事態宣言が出されて都道府県知事が対応しています。仮にそれでは十分でないというのなら、特措法を改正・強化していけばいいのはないかと思うのですが。なんで憲法改正が必要なのかという丁寧な説明はなかったようです。

 自民党の緊急事態条項案は、「緊急事態が宣言された場合は、内閣が法律と同じ効力を持つ政令を発することができる」というもの。しかし、この国の内閣にこんなすごい権限を与えて大丈夫でしょうか?

 コロナ対策を巡っては、北海道の鈴木知事、小池都知事、吉村大阪府知事などの首長のリーダーシップが目立ち、国は頼りにならん!というのが国民の率直な声ではないでしょうか。

 評判の悪いアベノマスクにしても、撤回された30万円給付にしても、内閣が閣議決定で決めたこと。そんなことしかできない内閣に国会の承認なしに法律を作れる権限を与えるなんて、子どもに日本刀を持たせるようで恐いです。まず、ちゃんとチャンバラができる人にならないと。(桐)

 

| | コメント (0)

コロナ破産が増えるかも?

 2020年5月4日(月)、おつかれさまです。

 GWもあと残り2日、今日は夏のような暑さです。一昨日から冬物・春物スーツをクリーニングに出して、奥にしまい込んでいた夏物スーツやスラックスを引っ張り出しています。

 事件だわ(T_T)/~~~ 科捜研の女じゃないですが、そんな言葉が出てしまいました。なんと、去年の夏物スラックスがただの1着も入らない。腹回りがああ・・・、ホックがああ・・・、明日買いに行きます。

 さて、今日は無駄話です。このGW中に新規の債務整理の相談が3件。債務整理の依頼は最近珍しいです。いずれもコロナ破産と言えるような事案ではないですが、だんだんと耐え切れなくなっている雰囲気を感じています。

 ところで、今日の東京都の新規陽性患者数は87人、施設内のクラスターが目立つと報道されていますが、ということは濃厚接触が疑われていない軽症者はやはり検査をしてもらえないのだろうと思われます。

 専門家会議は、感染者1人が何人にうつしたかを示す「実効再生産数」が全国で2.04(3月25日)から0.71(4月10日)へ、東京で2.64(3月14日)から0.53(4月10日)に減少していると説明しましたが、ほんとうかなあ?

 モーニングショーでは、石原良純さんが算定の根拠となる数式がなぜ出せないと、ひたすら突っ込んでいましたが、私も全く同感です。計算式が公表できなくて、解だけ公表できるなんて考えられません。

 こうして根拠があいまいなまま緊急事態宣言が今月末まで延長されましたが、これから業務としては破産事件や生活保護申請が増えるのかもしれませんね。注意が必要です。

 余談ですが、西村経済再生担当大臣がアベノマスクをしていたのが気になりました。ポスト安部アピールというのは、さすがにうがった見方でしょうか。

20200501_20200505002901

 話があちこちに飛びますが、先日、仕事で県北に行ったときに撮影した写真です。田舎では休耕田が増え、空き家が増え、放置されている車をよく見かけます。

 東京ばかりが栄える不公平に、新型コロナは一石を投じたのかもしれません。コロナ騒動を通じて一極集中を排除する方に舵を切ってもらいたいと願っています。(桐)

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年5月 2日 (土)

棚田の風景

 2020年5月2日(土)、おつかれさまです。

 今日の東京都の感染者数は160人、死者は15人だそうです。死者数が増えているのは心配です。緊急事態宣言は、全国一律で延長する必要があるのでしょうか。

 さて、毎年この日は忌野清志郎について語ってしまいます。あれからもう11年も経つんですね。満58歳で逝去されましたが、私も今年その年齢になりました。うーん、いつ死んでもいいような生き方をしないといけないと思うこの頃です。

 昨日高梁市に行ってきました。写真は巨瀬町の棚田です。すでに水を引いていて今週あたり田植えでしょうか。山間に棚田を作り、ずっと昔から米作りをしてきた農家の力に感服です。そしてこの風景がこれからも続きますように。

20200501_20200502230102

 脳症だった被後見人の病状が回復し、判断能力が取り戻しました。この写真の場所よりももっと奥にある山の中の空家に帰ることを、本人は希望しています。

 介護関係者は乗り気ではありませんが、本人の意思ですので、とりあえず帰れる環境を作らなければなりません。この件はちょっとたいへんです。(桐)

 

 

| | コメント (0)

またまた玉子をいただきました

 2020年5月2日(土)、おつかれさまです。

 倉敷市玉島から笠岡・井原にかけての地域ではけっこう養鶏がさかんです。鶏だしに親鳥のチャーシューを使った笠岡ラーメンが有名ですよね。

20200429_20200502233801

 高梁川日記では、2019年1月の「玉子をいただきました。」、2018年10月の「玉子かけごはん」などの記事に書いてきましたが、ありがたいことに段ボール箱1箱の新鮮な玉子をくださるお客さんがいます。1段40個×4段=160個入りです。

 本当にありがとうございます。

20200502tkg

 やっぱり新鮮な玉子はTKGですね。(桐)

 

| | コメント (0)

2020年5月 1日 (金)

通称名を後見の登記事項に

 2020年5月1日(金)、おつかれさまです。今日は暑かったですね。初夏を感じました。

 今日の東京都の感染者数は165人。最近は減少傾向と思われていましたが、やはり陽性率がわからなければ実態はわかりません。

 さて、先日、東京法務局から電話がありまして、成年後見登記の登記事項証明書の請求書には、被後見人等の本国名のみを記載し通称名は記載しないように、とのこと。そのとおりです。

 「成年後見登記等に関する法律」第4条に登記事項が明記されており、第2号に「成年被後見人、被保佐人又は被補助人(以下「成年被後見人等」と総称する。)の氏名、出生の年月日、住所及び本籍(外国人にあっては、国籍)」とあります。

 「氏名」とは本名(本国名)であり、通称名は登記事項ではありません。ですから登記事項証明書を請求しても被後見人等の通称名は記載されていません。

 これでは、登記事項証明書だけで、通称名で登記・登録されている場合が多い不動産登記や預金口座の名義人の表示と関連付けることができません。本国名に通称名が併記された別の証明書が必要になります。

 外国人登録原票については、同様に「氏名」が記載事項とされ、通称名は記載事項ではないが、運用により本人が希望すればカッコ書で通称名が記載できるとされています。住民票も印鑑登録も同じです。

 だったら、これらと同じように、成年後見登記等についても通称名の記載を可能にしてはどうでしょうか。そうすれば登記事項証明書1通で本来の役割が果たせると思うのですが。他の公的証明書ではやっていることですから。

 20200501

 ご近所からさくらんぼをいただきました。ありがとうございます。うちにもさくらんぼの木があるのですが、花をつけるのが周囲の木よりも極端に遅くて、なかなか実をつけないのが残念です。(桐)

 

 

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »