« 安曇野ドーナッツ事件 上告断念 | トップページ | ひまわりと芙蓉 »

2020年8月 9日 (日)

原爆の日に思う

 2020年8月9日(日)、おつかれさまです。

 広島の原爆投下時間は8時15分、長崎のそれは11時2分。広島の死者は約12万人、長崎のそれは約7万4千人と推定されています。

 75年前の日本で本当に起きた現実。想像するしかありませんが、その想像力を最近の日本人は失いつつありませんか。相続力を大事にしたい、西の空に向かって黙って手を合わせます。

 そして、このシーズンになると思い出す人がいます。9年前に亡くなったある戦災孤児の方です。

 1945年広島を訪れた人に拾われて、倉敷に連れて来られたそうです。風呂もトイレもない小屋を借りて住んでいました。近くの公園トイレで用を足すのだとか。

 真面目に働いて節約して、多少の預金を持っていました。依頼の内容は、「もう齢だから寮母さんがいるような施設に入りたい」。

 戸籍を請求すると、父母の名前はありません。本籍は最初から住所地で、新しく起こした戸籍です。

 子どもの頃の戸籍が見つかれば、原爆で亡くなったであろう両親や兄弟の名があるのでしょうが、探しようがありません。

 名前も親がつけたものではなく、生年月日も事実ではないであろうと思われます。

 保証人になってくれる人がいない、そういう理由でいくつかの施設を断られているうちに、脳溢血で倒れ孤独死されました。

 私がもっと早く手を打っていれば・・・・おそらく助かった命だったろうと思います。とてもとても残念です。

 そういう思いを忘れずに、日々の業務を継続していきたいと思います。(桐)

 

 

 

 

|

« 安曇野ドーナッツ事件 上告断念 | トップページ | ひまわりと芙蓉 »

業務日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安曇野ドーナッツ事件 上告断念 | トップページ | ひまわりと芙蓉 »