業務日誌

2020年8月 9日 (日)

ひまわりと芙蓉

 2020年8月9日、2本目の記事です。反省を込めて一週間の仕事内容を振り返ってみました。

 月曜から土曜まで延べ10回もいろんな病院に行っています。私の都合がつかず、事務員に代行してもらったのが別に2回、よって合計12回もの病院通いです。

 その内訳は、退院させて施設・自宅に戻したのが3人、通院介助が6人、退院支援会議で退院を決めたのが2人、生活保護関係でMSWと書類の打合せが必要だったのが1人。

 他方、法務局と裁判所は最近は専ら補助者任せです。司法書士の業務としていかがなものか、と言われそうです。

 話は変わりますが、私はひまわりの花が好きです。休暇が取れれば花の写真を撮りにあちこち行きたいところですが、なかなか。

20200809

 昨日、被補助人から「たいへんなことになった。すぐに来てくれ」と電話がかかってきたので、そのとき車に乗せていた被保佐人の受診を終えて、急遽被補助人のご自宅に行ってみたのですが・・・・。

 何がたいへんなのか、いくら聞いてもよくわりません。どうやら自宅回りの片付けをしようとして、疲れてしまってできないのが、本人にとってはたいへんなことのようでした。

 片付けを手伝おうにも「あれをこうやって、これをああやって」、本当にそんなふうに言うんです。「あれをこうやって」じゃ、全くわかりません。

 何をどうすればいいのかがまったくわからない。しょうがないから、ご自宅に庭に咲いていた芙蓉の花の写真を撮って帰ってきました。

20200810

 どうでもいいような業務日誌でした。おつかれさまです。(桐)

 

| | コメント (0)

原爆の日に思う

 2020年8月9日(日)、おつかれさまです。

 広島の原爆投下時間は8時15分、長崎のそれは11時2分。広島の死者は約12万人、長崎のそれは約7万4千人と推定されています。

 75年前の日本で本当に起きた現実。想像するしかありませんが、その想像力を最近の日本人は失いつつありませんか。相続力を大事にしたい、西の空に向かって黙って手を合わせます。

 そして、このシーズンになると思い出す人がいます。9年前に亡くなったある戦災孤児の方です。

 1945年広島を訪れた人に拾われて、倉敷に連れて来られたそうです。風呂もトイレもない小屋を借りて住んでいました。近くの公園トイレで用を足すのだとか。

 真面目に働いて節約して、多少の預金を持っていました。依頼の内容は、「もう齢だから寮母さんがいるような施設に入りたい」。

 戸籍を請求すると、父母の名前はありません。本籍は最初から住所地で、新しく起こした戸籍です。

 子どもの頃の戸籍が見つかれば、原爆で亡くなったであろう両親や兄弟の名があるのでしょうが、探しようがありません。

 名前も親がつけたものではなく、生年月日も事実ではないであろうと思われます。

 保証人になってくれる人がいない、そういう理由でいくつかの施設を断られているうちに、脳溢血で倒れ孤独死されました。

 私がもっと早く手を打っていれば・・・・おそらく助かった命だったろうと思います。とてもとても残念です。

 そういう思いを忘れずに、日々の業務を継続していきたいと思います。(桐)

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年7月28日 (火)

死にたいと言っても

 2020年7月27日(月)、おつかれさまです。

 みなさま、四連休はいかがお過ごしだったでしょうか。私は、毎日ダラダラと中途半端に6~7時間ぐらい仕事をしていました。昼から出勤して19~20時頃に退勤するというペースでした。もう少しメリハリが必要ですね。ちょっと反省です。

20200727

 真備町の方から実家で生産されたピオーネをいただきました。最近はシャインマスカットに注目が集まっていますが、ピオーネも美味しいですよ。今年の初物です。

 さて、連休明け、今日の業務日誌です。

(1)午前中、被後見人Aさんを岡山の老健施設から倉敷の住宅型有料老人ホームへ移動し入所契約。3年半前、椅子を振り上げて施設の窓ガラスを割ろうとしたり、精神病院を脱走してコンビニで保護されたり、そんなことがあったとは想像もできないほど、Aさんは穏やかで優しい好々爺に変身していて、本日、和やかに有料老人ホームへ移られました。

 精神病院って好きではありませんが、合う人には合うんですね。本人の意思に反して無理やり医療保護入院させるときは、いつも躊躇します。でも、Aさんのように穏やかになって身体的にも健康が維持できている状態を見ると、あのとき無理をしてよかったと思います。

 Aさんは奥さんのことも自分の家のことももうすっかり忘れていましたが、本人にとってストレスがないのが一番です。ただ、移動、施設入所契約、訪問医との契約、全部ひっくるめて4時間半もかかるのは、さすがにたいへんです。効率を重視しないと経営者としては従業員に給料が払えません。これは大事なことです。

(2)上記(1)の契約中に某老健施設から電話がかかってきたので、立ち寄って被保佐人Bさんの転所の相談。この老健はきっちり3か月しか置いてくれません。お金がある人なら入所施設で悩まないのですが、Bさんの年金収入で入れる施設は、ほんのわずかしかありません。生活保護の最低生活費の基準をもう少し上げていただければありがたいのですが・・・、今の政権は残念なことに逆方向です。

(3)午後は、昼食をとる暇もなく再び岡山へ。某住宅型有料老人ホームで被後見人Cさんのケア会議。この方は私と同い年です。認知症ではありません。希死念慮の強い精神疾患で、いつも死にたいと嘆いています。

 ALSで「安楽死」を望んで殺された京都の女性の事件を思うに、いくら本人が死にたいと言葉にしていても、それを手伝おうという気にはなれません。今日のケア会議では、車いすから立ち上がって歩行訓練をすることになりました。本人は相変わらず死にたいと言っていますが、でもリハビリをしようと思うときも、確かにあるんです。

 今日一番言いたいことは、ここです。依頼者が死を望んでいるから殺す。いったい、お前は何様だ、神のつもりなのか、と。

 浅すぎるんです。あまりにも薄っぺらい。依頼者の苦しさが本当にわかっているのかと。

 こうした事務をこなしながら、移動中にかかってくる携帯電話に対応して、被後見人Dさんの退院と入所、被保佐人Eさんの退院と施設復帰の段取り。17時過ぎに事務所に戻ってからは、事務員のメモにしたがって電話の折り返し。それが全部終わると21時。

 おつかれさまでした。(桐)

 

| | コメント (0)

2020年7月21日 (火)

公証人法をひらがなに

 2020年7月21日(火)、おつかれさまです。

(1)朝から暑かった、倉敷市の最高気温は33.2℃でした。犬の散歩から帰って、今季初の朝シャン。路上でバタバタするクマゼミを発見。そういえばセミの鳴き声に気づいたのも今季初。夏到来です。

(2)川崎医大付属病院で医療従事者のコロナ感染が明らかになりました。倉敷の医療関係では初めて。コロナを一気に身近に。いやですねぇ。

(3)さて、朝一の仕事は定款認証。お世話になっている会社が100%出資の子会社を設立するので公証役場へ。2018年11月30日から実質的支配者となるべき者の申告制度が始まっています。

20200721

審査の結果、公証人法第62条の6第4項において準用する同法第26条の嘱託拒否事由が認められないと判断して、別紙「電磁的記録の認証」記載のとおり認証をしたことを証明する。

 と、ありますが、同法第26条の嘱託拒否事由を引いてみると、

第二十六条 公証人ハ法令ニ違反シタル事項、無効ノ法律行為及行為能力ノ制限ニ因リテ取消スコトヲ得ヘキ法律行為ニ付証書ヲ作成スルコトヲ得ス

 未だにカタカナ?! 最近は口語体になれているので、文語体は素直に頭に入ってきません。特に改正点がなくても口語体に直してほしいなと思いました。

(4)続いて遺産分割協議書と相続人各位への手紙の作成。

(5)午後から施設訪問し、入所の際の敷金が保護費で出されなかった理屈について管理者に説明。

(6)生活保護申請して決定が出た被保佐人について、特定医療費(指定難病)受給者証の変更申請。

(7)相続財産管理人として山の中で1時間にわたり境界立会。暑い! 蚊はいなかったけど、蚋(ぶよ)みたいなヤツに4か所刺された。土地家屋調査士さん、本当におつかれさまです。

(8)在宅の被保佐人に生活費を届けたり、支払に回ったり。

(9)最後は、悩ましい案件で裁判所に照会をかける上申書の作成。

 こんな1日でした。おつかれさまでした。(桐)

 

| | コメント (0)

2020年7月20日 (月)

コロナ禍での業務

 2020年7月20日(月)、おつかれさまです。今日は暑かったですね。倉敷市内の最高気温は33.0℃だったようです。

 さて、岡山市北区の「接待を伴う飲食店」でクラスターが発生し、5人の感染が判明したと報道されています。東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪だけでなく、地方にも確実に広がっています。

 当初8月に関東・九州出張を予定していました。遺産分割で、新潟県、埼玉県、千葉県、茨城県の8名の署名押印が必要なのと、共有物の売買で、東京都、埼玉県、大阪府、福岡県の8名の本人確認が必要だったので。

 しかし、このご時世ですから・・・どうしたものかと。

 結局、遺産分割の方は、1通に連名の署名押印方式ではなく、1人1通方式でOKと銀行と調整しました。売買の方は、共有者全員持分全部移転の登記原因証明情報をやはり1人1通方式で作成する方針。

 コロナ禍では、これまでの業務のやり方を多少工夫して、変化させなければ対応できませんね。

 話は変わりますが、債務整理の依頼者からお菓子をいただきました。

20200720

 毎月1回、家計収支表を持参してくれます。生活の立直しのためにお金の使い方について助言します。

20200720_20200720232401

 先月の面談の際には、島の味付け海苔をいただきました。いつもいつもありがとうございます。感謝!(桐)

 

 

| | コメント (0)

2020年7月19日 (日)

病院訪問が多すぎ

 2020年7月19日(日)、おつかれさまです。

 13日(月)からの一週間の私の業務を振り返ってみると、今日も含めて7日で10の病院を訪問しています。

 入院手続3件、退院手続1件、通院介助2件、病状説明1件、その他3件。

 先週は、法務局にも裁判所にも1回も行っていないので、ちょっと業務が偏りすぎですね。

 今週は、相続・売買や相続・分筆などの登記と地裁の本人訴訟支援も予定しています。

 がんばりましょう。それではおやすみなさい。(桐)

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年7月14日 (火)

「新型コロナウィルス感染症に係る介護サービス事業者の人員基準等の臨時的な取り扱いについて」

 2020年7月14日(火)、今日2本目の記事です。

 今日、複数のデイサービスセンターから事前同意を求める電話がかかってきました。

 令和2年6月1日付「新型コロナウィルス感染症に係る介護サービス事業所の人員基準等の臨時的な取り扱いについて」というのがあって、この中の⑫で、通所系サービス事業所と短期入所系サービス事業所については、利用者の事前の同意を得た場合に、利用回数4回までですが、2区分上の報酬区分での算定が認められるとされています。

 私が担当する被保佐人Aさんの場合、1か月で768円の自己負担増となるという試算です。こういう場合、成年後見人等の立場としてはどう判断すべきなのでしょうか。

 被後見人等の利益を考えれば、事前同意をすべきではありません。それは明らかです。かといって、施設の方々の苦労もよくわかるしなぁ・・・、と悩んでしまいます。

 「新型コロナウィルス感染症拡大防止への対応を適切に評価する観点」などと持って回った難解な言葉を使わずに、「コロナで大変だから事業所の売上減・支出増を補てんします」でいいんじゃないでしょうか。

 そして、根本的な問題だと思いますが、コロナ対策をなぜ報酬区分引き上げでやる必要があるのでしょう。本来国がコロナ対策として助成すべきではないでしょうか。なぜ利用する側の自己負担を増やさなければいけないのでしょう。

 極めつけは「事前同意」です。事前同意をしなければ負担増にはなりません。同じ利用者の中で、同じサービスを受けながら、負担が現状維持の方と負担増になる方と分かれることになります。「よくわからないからいいですよ」と言った人の良い利用者だけが馬鹿を見ることになります。

 もちろん、納得できなければ同意しなければいいという意見もありましょう。でも同意しなければ、お世話になっている施設や事業所に申し訳ないというのも利用者の心理です。そういう利用者は本当にいい人なんだと思います。

 料金のことについては事前に同意をとるのは鉄則です。値上げするときは事前同意が必要なのは当たり前です。しかし、それでは負担する人と負担しない人が出てしまう。

 そもそもコロナ対策を料金に反映させるからこういう不平等が生じるのであって、料金外のところで一律、国が負担すべきというのが私の意見です。

 たぶん、明日も何件か事前同意を求めて電話がかかってくるでしょう。保護受給者の場合、福祉事務所はどういう見解なんでしょうね。こっちとしては、同意しようがしまいが生活保護費の話なんですが、生活保護費の給付増になるのは確実なので、福祉事務所は何か言うべきではないでしょうか。(桐)

 

| | コメント (0)

2020年7月11日 (土)

三男? それとも四男?

 2020年2月11日(土)、おつかれさまです。

 東京は連日最多更新です。降水量も最多です。そして、Cスタにもサポーターが入れるようにはなっているようですが、なかなか行けそうもありません。

20200711

 ところで、本日の業務日誌です。午前中は、委任者の施設入所の準備として、介護ベッド、ポータブルトイレ、テレビ、衣装ケースなどを自宅から施設へ移動。一応、肉体労働です。

 引越し作業にあたっては、当事務所の休日出勤者に感謝ですが、もっと感謝しなければならないのはヘルパー事業所の社長さん。

 訪問介護契約は先月解約して契約上は何の責任もないはずですが、車を出して介護ベッドの運搬をしてくれました。ありがとうございました。

 さて、今日書こうと思うのは、4月に亡くなった被後見人のお墓のこと。

 立派な先祖墓を建立したのは、若いころの被後見人自身でした。横の石板をみると、長男、二男、三男の名が刻まれ、一つスペースを開けて被後見人の妻の名が刻まれています。

 とすると、被後見人は四男になりそうですが、戸籍を調べてみると、被後見人は、四男ではなく、三男とはっきり記載されておりました。名前も如何にも三男らしい名前です。どういうこと~~!

 想像ですが」、三男の戒名の中に「嬰」の文字があったので・・・ひょっとすると死産だったか、それとも生まれてすぐに亡くなったのかもしれません。そしてその子を出生を届け出なかったとしたら。

 墓碑になんて彫りましょうか。墓碑には、〇〇長男✖✖、二男、三男まで彫られているので、被後見人を三男として彫るべきか、四男として彫るべきか。

 三男と彫るべきか、四男と彫るべきか。成年後見業務の悩みとは思えませんよね。それでもありそうな話ですから、どういうふうに片付けて行こうかと悩んでいます。(桐)

 

 

| | コメント (0)

2020年7月 9日 (木)

単なる業務日誌

 2020年7月9日(木)、おつかれさまです。

 7月第2週も明日で終わりです。時間が経つのは本当に早い。短い時間の中でどれだけのことができたかを振り返ってみると、愕然とする思いです。

 さて、どうでもいいような話ばかりですが、私の今日の業務日誌です。

(1)朝イチ、金融機関で被保佐人Aさんの生活費を払出し、自宅へ持参。同居の娘さんが手持ちのお金が少なくなると、認知症の被保佐人を使って、2日に1回ぐらいのペースで私に早朝電話をかけてよこします。障害者で引籠りの娘さんは、ヘルパーさんに払うお金がいると言いますが、嘘だとわかっているので、何回も電話がかかってきて「そろそろかな」という、私のタイミングで生活費を届けています。

(2)財産管理契約と死後事務委任契約を締結している身体障害者の依頼者Bさんが、昨日自分で見学して入所を決めた施設を訪問。介護保険関係の契約書を持参して荷物の搬入等の若干の打合せ。

(3)簡裁の口頭弁論期日、わずか5分ほどで結審して即日判決言い渡し。依頼者Cさんはもっと早く手を打つべきでした。裁判は勝っても、姿を消した相手方からどうやって回収するかが問題。さてこれからどうするか!

(4)出勤前に施設から電話がかかってきて、被後見人Dさんが胸の痛みを訴えて救急搬送された、とのことだったので、入院の契約のために病院へ。本人は胸が痛いかと聞くと、痛くないとのこと。ザ・認知症か?

(5)足が痛いと前々から訴える、私が保佐人に就任する予定のEさん。今日、整形外科を受診予定でしたが、施設へ行くと、今朝から本人が立ち上がれない、ということでキャンセル。代わりに、電気シェーバー、蓋つきバケツ、財布の購入を求められて、それぞれ店舗で購入して持参する。

(6)昨日付で保佐開始審判が確定した被保佐人Fさんの件。デイサービスを訪問し、デイが預かってくれているキャッシュカードや現金を預かり、ご本人に転居先を探すことを約束。保佐開始が確定するまで金銭管理をきちんとやってくれた担当者に感謝!

(7)毎週1回面会している精神障害の被補助人Gさんに1週間の生活費を交付。

(8)岡山県司法書士会理事会。私の手帳には10日の予定と記載されていたが、なんと今日だった。変更されたのにわかっていなかった。資料を用意してくれていた研修部の面々に感謝!

(9)20時に事務所に戻り、事務員が残したメモを見て、明日には連絡できそうにない案件のみ架電。

 といいうこで、今日は終了しました。おつかれさまです。(桐)

 

| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日)

同居人の死亡届

 2020年7月5日(日)、おつかれさまです。

 昨日は、病院からご遺体を引き取って葬儀会社で打合せし、本日は火葬、収骨、埋葬でした。生前のご本人とはたった一度お会いしただけです。そのとき遺言を託されました。

 葬儀は、遺影もなく、僧職も呼ばず、参列者は60年来の同居人がお一人だけ。これも何かの縁ですから、私が般若心経を読経して、同居人の方と収骨し、合祀墓に納骨させていただきました。

 お経が上手と褒めてもらいました。ありがとうございます。これからは、お坊さんがいないときは、私が拝むようにしましょうか! と、少し調子に乗っています。

 一つ勉強になったこと。3年前に「死亡届の届出義務者」という記事を書きました。このとき同様、今回も遺言執行者で葬儀を段取りしたケースです。

 戸籍法第87条第1項によれば、同居の親族がいなければ、親族でない同居人が届出義務者になるのですが、住民票は別々でも大丈夫か気になっていました。

 葬儀屋さんが教えてくれました。住民票上の住所が別々でも、死亡届の備考欄に「同居の事実あり」と書けば大丈夫です。勉強になりました。

 さあ、あとは遺言執行業務です。これは粛々とやります、ご安心を。満91歳の数奇な人生、本当におつかれさまでした。

 ところで、話は変わりますが、依頼者からまたまた韓国直送のキムチをいただきました。韓国の従姉妹たちが送ってくれるのだそうです。

20200705

 これが本当にうまい。キムチは新鮮さが大事です。今日航空便で着いたばかり、最初は甘くて後から辛い、うまいです。

 もう一つ、今日の美味しいものはこちら。

20200705_20200705230501

 母親の菜園でとれた今シーズンの最初のスイカ。今、母親が入院しているので、妹が持ってきてくれました。甘くて美味しいです。

 美味しいものを作ってくれるすべての人に感謝して、明日もがんばります。(桐)

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧